アウトプットの大切さ

福井のカウンセリングルーム
こころのそよ風 代表 斉藤恭央です。


最近は、毎日のように記事を
アップするようにしています。
 
勉強したことや思ったことなどを
書かせていただいていますが、
そうやってアウトプットをしていると
頭に入ってくる内容が濃くなりますね。
 
見てくれる人にわかりやすく
ヒントとなるようなことを
書いているつもりですけど、
実際に見てくれるかどうかは
そんなに重要でなくなっています
 
以前はフェイスブックでも
いいねが押されないと
ショックを受けていましたが、
最近では、アウトプットすることが
僕の身になっているとわかったので、
いいねが少なくてもそんなに気にならないです。
 
たとえ見てくれなくても、
自分で書いて、自分で納得して
自分で完結しているような感じです。
でも、一人も見てくれないと
ちょっと悲しいですけどね。
 
面白いのが、僕が力を入れて
これだったらみんなからたくさんいいねが
もらえると思った記事がいいねが少なくて
今日は忙しいから適当に書いておこうという
文章がいいねが多かったりするのです
 
力を抜いたほうがみんなが求めるものを
書けるということなのかもしれませんね。
 
でも、基本的には自分の書きたいことを
書いているだけなので、
評価はそんなに気にしないですけどね。
 
書きたいことを書かないと
続けることはできませんからね。
 
書けば書くほど、自分の身になっていく
やっぱりインプットしたら
アウトプットしないと入らないですね。

今はアウトプットすることを考えて
本なり普段の行動なりを意識しています。
だから、何もしないよりも入ってくるものが多いです。
 
文章力も今は上手くないかもしれませんが、
書き続けていれば、
いずれは上手くなっていくと信じています。
  
普段の話す内容も、アウトプットした言葉が浮かんでくるので
深い話ができるようになってきたように思えます。
 
下手でも、みんなが見ていなくても
アウトプットをしていくと
自分が変化するので面白いですね。
 
これからも、続けていこうかと思っています。
よかったら、お付き合いをお願いします。
 
ありがとうございました。

2016年03月30日|2016年:3月