どれくらいNOと言えるか

福井のカウンセリングルーム
こころのそよ風 代表 斉藤恭央です。


自立を考えるうえで
どれくらい自分の気持ちを
正直に伝えることができるのか?
というのがあると思います。 
 
それは、そのまま
どれくらい嫌なものは嫌だと
言うことができるのか
NOと言えるのか
つながっていると思います。
 
悩んでいる人で
NOが言えない人って
案外多いように思います。
 
NOを言わない言えないとは全然違います。
 
NOを言わないというのは
いつでも言おうと思ったら言えるけど
相手のことを思って
あえて言わないと選択している
言わない=愛
になると思います。
 
NOが言えないというのは
相手に嫌われるかもしれない
拒否されるかもしれない恐怖が
動機となっています。
言えない=恐れ
になります。
 
NOを言えずにいると
どんどんと自分の力を奪われていきます。
そして、相手はNOを言わせないことで
力を奪っていくことでしょう。
そうなると、王様と奴隷の関係になってしまいます。
 
だから、NOと言うことが
自立の第一歩になってくるのです。 
 
たいていは自分よりも弱いと思っている人には
NOは言いやすいと思います。
でも、強い人には
NOは言いにくいですよね。
 
その言いにくいNOをどれくらい
言うことができるのか。
そして、NOと言うことで
王様と奴隷の関係から
対等な立場になってくるのでしょう。
 
仕事などの場合では
なかなかNOと言えない場面も出てきますが、
NOを言えないでいると
どんどんと嫌な仕事を押し付けられて
つぶれてしまいます。
 
自分の力を取り戻すためにも
思い切ってNOを言う練習を
してみると人生は変わってきますよ。
 
関連記事です。
「その支援は、王様と奴隷関係になってませんか??」
http://cocosoyo.jp/posts/blog69.html

「二人が我慢しない方向を話し合う」
http://cocosoyo.jp/posts/blog68.html

ありがとうございました。

 

2016年04月18日|2016年:4月