捨てる勇気

福井のカウンセリングルーム
こころのそよ風 代表 斉藤恭央です。


先日は自由の代償と言うことで
選択肢が多くなると
迷いや後悔が多くなって
自由であるがゆえに
苦しみも増えると書きました。
 
そのような状態で
どんな生き方を必要になってくるかと言うと
捨てることだと思います。
 
断捨離が流行っていますが、
何かを得ることよりも
何を捨てるのか、あきらめるのか
それが人生を豊かにしていくと思います。
 
ドラマでも金持ちの家の設定は
物を置かなくてシンプルにすることだそうです。 
貧しい家は物がごった返して
ちょっと汚くするようです。
 
何でもできる環境だからこそ
何をするかよりも
何をしないかということを
優先に考えていく必要があります。
 
迷っているときは
Aだったときの可能性と
Bだったときの可能性を
両方捨てられずに一つに選べないところから
きていますよね。
 
だからこそ、もしかしたら、
向こうの方が良かったかも
という可能性を捨てること。
あきらめることだったります。
損しても良いと思えることだったりします。
 
 
得ることよりも
捨てることを意識していくと
どんどんとシンプルになっていくでしょう。
 
恋人だったら、
他の素敵な人と出会う可能性をあきらめて、
今の人に決めることだったり
 
仕事だったら、
もっと他の自分に合った職場が
あるかもしれないという可能性を
あきらめることだったりします。
 
そうやって選択肢を捨てていくことで
迷っている時間を
やるべきことに費やすことができますからね。
今に集中することができるのです。
 
捨てることは
他の可能性をあきらめること
だったりします。
 
今の恋人が運命の人だと決めて
思い切り愛を注ぐことであり、

今の職場が自分の使命だと思って
思い切り励むことだったりします。
 
その中で合わないということも
出てくると思いますが、
それだけ集中したのに
合わないのであれば、
本当に合わないのでしょうね。
 
他にもっとふさわしい人や場所があると思っていると
ちょっとした嫌なことなどがあると
他の可能性に逃げたくなってしまうのです。
 
他の可能性を捨てること
今に集中すること
損する覚悟だと思います。
 
そうやって捨てていくと
人生はシンプルになってきます。
シンプルな人生は
迷いがなくて幸せです。
 
自由の中では
選択肢を捨てることが
必要になってくるのでしょうね。
決断とは決めて断つことですからね。
捨てる勇気ですね。
 
ありがとうございました。

2016年05月08日|2016年:5月