世界一ふざけた夢の叶え方の講演会

福井のカウンセリングルーム
こころのそよ風 代表 斉藤恭央です。


昨日は世界一ふざけた夢の叶え方
講演会がありました。
この日のためにスタッフ一同、
皆さんが頑張って準備に取り組んで
大盛況でした。
とくに何もわからない中を
勇気をもってイベントを主催していただいた
山岸千恵さん、坂井 まみ子さん、ありがとうございました。
 
あの「ひすいこたろうさん」と
フォレスト出版でいろんな企画をされた「柳田厚志さん」
インフォトップの創設者「菅野一勢さん」
と豪華なメンバーでの講演会です。
この3人が集まる機会はめったにないので
とっても貴重な講演会でした。

 
内容は考えている以上に良くて発見の連続です。
ちょっとシェアさせていただきますね。
 
 
夢は一人でがんばって叶える時代は
終わったと言います。
これからは仲間と一緒に
早く、大きく、力強く
夢を叶えていく時代です。
 
この3人は居酒屋に毎月集まって
それぞれが夢を描いて
「お前ならできる!!」と
言い合ったから夢が叶ったと言います。
 
たったこれだけで夢が叶うというのに
やってみる人って少ないと言います。
 
たしかに、毎月集まって夢を語り合う
そして励ましあうことって
良いことだと思っていても
やり続けるのは難しいですね。
 
でも、これからやっていこうと思っています。 

 
それから、引き寄せの法則のようなことも
教えてもらいました。
 
昔から五穀豊穣のためにやっていること
それは「お花見」だと言います。
お花見は桜をお米にたとえて
先に豊作を喜ぶ儀式です。
 
「予祝(よしゅく)」と言って
先に夢が叶ったかのように
ふるまい続けること
昔の人もやっていたのですね。
 
先に喜んでいる感情を味わう。
まさに現代版の引き寄せの法則ですね。
 
才能などもはじめは
勘違いから始まります。
自分ができると
思い込むところからはじまって
嘘が真になっていく。
思いが先ですね。
 
居酒屋で集まってやっていたのは
先に夢が叶ったかのように
演じ続けていたからと言うのもあるようです。
  
もちろん、一人一人の頑張りもありますが、
共に応援し合えることで
何倍もの力が発揮されるのでしょう。 
 
 
そのほかにいろいろと教えてもらいました。
 
夢は行動した分だけ当たる確率が高くなる。
10個あったら9個失敗しても
1個は叶う。
成功とは回数だと言っていました。
 
でも、失敗するたびにへこむこともあるが、
どんな出来事も「ツイている」と言えば
ツイている現象を脳が探し出すから
へこまずに笑っていられる。
 
人間には3通りあって
ツイてる人間
普通
ツイていない人間
この差は物事をどうとらえるかだけです。
 
遅刻しても
今日に限って寝坊なんて、ツイてない。
寝坊してしまった!急がねば
一時間の寝坊で済んだ、ツイてる。
こんな風に言葉をどう使うか
人生は大きく変わってくるようです。
 
 
でも自分を否定してしまっても
否定した自分をそのまま
「否定しているのだね」と
認めて受け入れ愛すると良い。
否定したことをダメだと思うと
余計に引きずってしまう。
 

あとは
すべての夢が叶ってしまったら何がしたいのか?
お金持ちになって
自由を手に入れて
ステキは伴侶や
仲間もたくさんいる状態
すべての夢が叶ったら
どんなことをしたいのか??
どんな感情を味わっていたいのか??
 
夢は叶えるのが目的ではない。
叶えた先にはどんなことをやっていきたいのか?
どんな感情を味わっているのか?
それが本当のやりたいことや目的だと言います。
 
それは幸せになることであるはずです。
でも、その幸せって夢を叶えなければ
味わえないものなのでしょうか?
今だって幸せを感じることはできるでしょう。
だったら、今の幸せを感じる。
すると夢も叶っていきます。
 
 
夢がわからない人、見つからない人は
目の前のことを懸命にやっていく。
天職は見つめるものではなくて
与えられるものでもある。
今の仕事、目の前の人を
大切にしていくだけで
どんどんと道が開けて
いつの間にか遠くに行けるようです。
そして、それが夢となっている。
 
ただ、好きじゃないことをやっていると
自分もつらいし、能力を発揮できない分
周りにも迷惑をかけてしまうこともあるので、
闇雲に何でもやるのではなくて
自分が好きで、向いていること
見つめるもの大切です。
 
 
いろいろと、
素晴らしい考えを聞くことができて
とっても良かったです。
 
講演会が終わってからも
講師の方を交えての打ち上げで
いろんな人と語り合えたて
とても充実した一日でした。
 
ありがとうございました。

2016年05月16日|2016年:5月