1+1=3 ???

福井のカウンセリングルーム
こころのそよ風 代表 斉藤恭央です。


悩みと言うのはたいていが
自分の思っているのと
違う結果になってしまうところから
きてることが多いです。
 
例えば
どんなに計算しても
1+1=3
にしかならない!
絶対に答えは 「2」 だと思っていても
「3」 が出てくると「う~ん」と
うなってしまいます。
 
絶対に「2」じゃないといけないのに
どうして「3」になるのだ
おかしい!!
そんな感じで悩みが出てきます。
 
これは人間関係でよくありますよね。
自分の常識では
上司、先輩を立てるのが当たり前
後輩は言うことを黙って聞いて当たり前
だと強く思っています。
 
でも、ある人からしたら
人間なんだから年の差なんて関係なく
みんな平等で、上下関係なんて古い
となると悩みが出てきます。 
 
1+1=2のはずが
答えが「3」と出てきてしまい
悩んでしまうのです。
 
この常識と言うのは
自分のルールで
~してはいけない
~しなければいけない
「いけない」禁止事項のことでもあります。
 
ルールがなくて何をしても良いとなったら
めちゃくちゃになってしまうと思っている。
 
サッカーだったら手を使ってはいけない
というルールがあるのに
手を使ってゴールしたら怒りますよね。

どんなものでもルールがあり
それを破られる人がいると
怒ったり悩んだりするのです。
 
でも、いろんな人がいて
いろんな考え方があるので
自分のルール通りいかないことなんて
たくさんあります。
 
そういう時は
自分がどんなルールを持っているのか?
そのルールが強すぎて相手を否定していないか?
なぜそのルールを信じてしまったのか?
など考えてみるのも良いですね。
 
あまりにも自分に合わないルールを
持っている人とは
一緒にやっていくことは難しいので
離れるというのも一つの手だとは思いますが
少し自分の中のルールについて
振り返ってみることも大切だと思います。
 
それが相手だけでなくて
自分を苦しめて不自由に
させてしまっていることも
多々ありますからね。

あなたはどんなルールを信じて
そのルールに縛られていますか??
 

ありがとうございました。

 

2016年06月16日|2016年:6月