人は弱くて、強い生き物

福井のカウンセリングルーム
こころのそよ風 代表 斉藤恭央です。


僕たち人間は一人だと
力が発揮されにくい
生き物なのかもしれません。
 
一人で道を歩いていて
前から怖そうな犬が近づいてきたら
一目散に逃げ出してしまいます。
 
でも、子供と一緒だったとしたら
子供を守るという意識がはたらき
一目散に逃げることはしないで
子供をかばいながら逃げると思います。
 
誰か守る人がいると
人ってすごく強くなれるということです。
 

そして、怖そうな犬がいたとしても
仲間と一緒だったら戦うかもしれません。
 
怖い存在だったとしても
仲間と一緒だったら立ち向かえるのです。

そうやって仲間の存在が自分の力以上のものを
発揮させてくれるのです。
 
 
こんな感じで人って
一人ではか弱い存在かもしれませんが、
守る人がいたり
仲間の存在があったりすると
とっても強くなれるものだと思います。
 
だからこそ、仲間の存在って
自分の人生の中で
とっても大きいです。
 
でも、今はその仲間の絆が持ちにくい世の中に
なってきているように思えます。
 
極端な例になると
一言もしゃべらないで一日を
過ごす人もいるくらいですからね。
 
僕も昔は友達がいなくて
孤独な毎日を送っていました。
 
だから、仲間の大切さ
ありがたさが身にしみるのだと思います。
 
人は一人では弱いですけど、
守る人がいること
仲間がいることで
強い存在になれる。

今、フェイスブックでもチームを組んで
一つの目標に向かって頑張っています。
こうやって一緒に頑張れる仲間の存在が
僕をより早くより遠くへ
行かしてくれるような感じです。

一緒に悩みを共有し
励ましあいながら
師匠に導いてもらい
試練を乗り越えていく
チームとして一丸となっていく
とっても素晴らしいなと思いました。
 
そんな絆をこれからも
作っていこうと思います。

ありがとうございました。

 

2016年06月19日|2016年:6月