開き直りで扉が開く

福井のカウンセリングルーム
こころのそよ風 代表 斉藤恭央です。


僕は開き直りって最強だと思います。
苦しくてどうにもならない。
でも、何とかしようと
もがき続けていて
頑張り続けているのだけど
何ともならない状態が続き
それがある限界点を超えたときに
何かが吹っ切れるような感じ
「あ~、もうどうにでもなれ」
とやけくそにも見える状態で
全く別の行動がとれるようになる。
 
その時に今までやったことのない
すごい行動がとれたりするのでしょう。
 
大きく方向を変更するような感じです。
 
 
何か問題があるときは
今までと同じやり方を続けていても
解決しないことが多いです。
 
大きく発想を変えて
やったことのないことを
やってみることで
解決に向かうことって
たくさんありますからね。
 
今まで積み重ねていたものを
壊す覚悟で飛び出すこと。
 
ギュッと握りしめていた大切なものを
投げ捨てる行為。
 
そういう時に
次の扉がうっかりと開くように思えます。 
 
今まで向かおうとしていた方向には
解決策がないのに
その方向を簡単に変えることができず
もっと頑張って先に進もうとしてしまう。
するともっと症状が悪化してしまう
ということがありますからね。
 
例えば
仕事でも頑張って出世しようとして
努力し続けていたけど
結果が出ない。
開き直って努力するのを止めて
出世するのをあきらめたら
気持ちが楽になって
周りの人たちに優しくなれて
お金以上のものを手にする。
そして、本当に欲しかったものは
それだったのだと気づいたりします。
 
 
開き直って
大きく発想の転換をして
今までやってきた行動を
逆転させてみると
見えなかった道が現れたり
次の扉が開いたりするのでしょうね。
 
開き直りはある意味最強だと思います。
 
ありがとうございました。

 

2016年06月23日|2016年:6月