不安の対処法③

福井のカウンセリングルーム
こころのそよ風 代表 斉藤恭央です。


不安や恐れ・緊張などのストレスは
体に害を与えると考えられていました。
 
たしかにそういう一面もあります。
でも、ストレスがあるから
健康になれたり
勇気をもって一歩を踏み出す
エネルギー源になっているという
一面もあるのです。
 
不安や恐れにはプラスの面も
たくさんあるので、
そういう一面を見ていくのも
対処法として大切だと思います。
 

 
不安と興奮は紙一重という人もいて
バンジージャンプなども
恐怖や不安があるから面白い。
そこに興奮も出てくると言います。 
 
僕たちは安心、安全な世界には
何の面白みがないのでしょう。
毎日が安定して何の心配もいらないと
どこに楽しさを感じればいいのでしょうか??
 
やっぱり不安な中で一歩踏み出して行くから
冒険があり、そこにドラマが生まれて
感動を呼ぶのでしょう。
 
時には不安や恐れ、緊張は
いつの間にか作られてしまった
自分の制限や壁を壊す勇気と
エネルギーを与えてくれるのです。
 
そして、不安や恐れがあるからこそ
僕たちは人にやさしくできるというのがあります。 
 
不安な時こそ人とのつながりを大切にして
人の優しくなったり
思いやりをかけることができたり
仲間意識が強くなるのでしょう。
 
それは東日本大震災を見ればわかると思います。
みんなが不安と恐れと緊張状態の中で
今まで眠っていた人の思いやりが
出てきてユーチューブなどでは
たくさんの逸話がアップされていますよね。
それを見ただけで感動してしまいます。 
 
最終的に人は一人では生きていけないことを
本能的に知っているからこそ
人にやさしく、思いやりをもって
絆、つながりを大切にして
親しい人と一緒にいたいと
思えるのでしょうね。
 
これも不安や恐れがあるから
出てくるものだと思います。
 
こんな感じで
不安や恐れなどのストレスは
僕たちに多くのことを教えてくれますし、
普段の自分以上の力を
引き出してくれる原動力ともなるのです。 
 
  
不安や恐れを取り除かなくても
それを力に変えて
良い人生を歩めるきっかけに
できると良いですね。 
 
ありがとうございました。

2016年08月03日|2016年:8月