善悪の裏に隠れている痛み

福井のカウンセリングルーム
こころのそよ風 代表 斉藤恭央です。


昨日は正しい、間違っている判断が
苦しみを生むと書かせていただきました。
http://cocosoyo.jp/posts/blog146.html
 
それでは、正しい、間違っているという
判断はどうやってできたのか
それは、小さいころの体験が大きいです。

親や学校の先生から
何かをやったら
怒られた
嫌われた
恥かいた
バカにされた
笑われた
などの痛みの体験から
来ていることがほとんどです。

そんな痛みがあるので
もう二度と味わいたくないから
あんな時は~しないでおこう!!
こういう時は~しないといけないのだろう!!
と決意して、
物事を正しい・間違っているという
判断で行動するようになるのです。
 
親から、良い子にしていないと
怒られた経験があると
良い子にしていないとダメだと
強く信じて
良い子=正しい
悪い子=間違っている
になってしまうのです。 
 
その怒られ体験が強ければ強いほど
正しい・間違っているという信念は
強くなってくると思います。
 
その判断は自分だけでなくて
相手にも押し付けようとします。
 
だから、自分や誰かを間違っている
と思った時に
その判断はいつからするようになったのか?
どんな痛みがあったのか?
などと振り返ることが大切です。
 
そうやって痛みや傷をきちんと
癒すことによって
正しい・間違っているという
判断がなくなってきますからね。
 
もしすべてのことに判断しないで
自分や相手のことを見ることができたら
罪もなくて、責めることも争うこともなくなるでしょう。
 
自分も正しいし
相手も正しい
誰も間違っている人なんていない
ただ、考え方の違いがあるだけ!
そんな平和な世界がくると思います。
 
もし誰かを責めてしまったり
自分を責めて罪悪感にさいなまれたりしたら
奥には痛みがあり
その痛みを癒すと
どんどんと自由になってきます。
 
ありがとうございました。

2016年08月22日|2016年:8月