怒りというコミュニケーションを使わない

福井のカウンセリングルーム
こころのそよ風 代表 斉藤恭央です。


「嫌われる勇気」を読んでいると
とっても勉強になります。
 
コミュニケーションをとることについて
シェアさせていただきますね。
 
僕たちは自分の思っていることを
誰かに分かったほしいと強く
望むことが多いです。
 
でも、たいていは自分の気持ちを
うまく言葉に言うことはできません。
それに伝えたとしても
思っていたような回答がないと
傷ついてしまいます。
 
そこで、言葉を使わないで
簡単に相手を自分の思い通りに
できる手段が怒りなのでしょうね。
 
怒りというのは相手を操作するため
コミュニケーションの一つです。
言葉で話し合う手間を省いて
相手を自分の思い通りに持っていくための
脅しのようなものです。
 
本当は自分の気持ちをわかってほしい。
でも、言葉で自分の思っていることを伝えるのは
相当なテクニックがいると思いますし、
本音を言うのは恥ずかしいと思っているところがあり
そういう面倒なことをすっ飛ばして
相手を安易に操作する手段として
怒りがあるようです。
 
言葉を使わないで相手をコントロールするための
コミュニケーション手段だと言えます。
それは、怒りだけでなく、
憎しみ悲しみ苦しみ一部の病気なども
一種のコミュニケーション手段
なっていることもあるでしょう。
 
すべては言葉でコミュニケーションをしていれば
怒ることもないでしょうね。
 
怒りも、相手に対してその場で嫌だと言えたら
怒ることも少ないですし、
分かってもらえなくて傷ついたと言えたら
悲しむこともないのかもしれません。 
 
そういう本音を言うことに僕たちは慣れていません。
特に日本人はあいまいな言葉で
自分の感情を察してほしい
空気で伝えるようになっていると思います。
 
そんな空気で自分の思いを察してほしいと
回りくどいことをするよりも
言葉でコミュニケーションする方が
よっぽど伝わりますよね。 
 
でも、僕も上司に対しては、嫌なことを言われても
その場で、そんなことを言われると傷つくとは
言えませんもんね。
言えないから、嫌なことを言う上司に対して
恨みの感情が出てくるのです。
 
まあ、上司に伝えるのは無理でも
家族に対しても僕は良い人を演じていたので、
嫌なことがあっても伝えることができないでいました。
 
そうすると、だんだんとその感情がたまっていき
最後には爆発してしまうのです。
 
それが怒りとなって出てきてしまうということです。
最初から嫌なことは嫌だと言えたら
たまって爆発することもないのにね。
 
相手を傷つけないように
嫌だと言うとことを我慢すると、
あとで爆発して余計に
傷つけてしまうということでした。
 
我慢癖をやめて、
その場で嫌なことを嫌という
本音を言うようにすると
本当の信頼関係が結べるようになりました。
 
前はうわべだけの表面の
付き合いしかしていなかったのです。
まだまだ、本音を伝えるのは
できていないですけど、
それも練習でやっていこうと思っています。
 
怒りなどの言葉を使わない
コミュニケーションをするのではなく
言葉を使っての本音のコミュニケーションは
とっても大切ですね。
 
ありがとうございました。

 

2016年04月01日|2016年:4月