商売の基本は人を喜ばすこと

福井のカウンセリングルーム
こころのそよ風 代表 斉藤恭央です。


人に喜んでもらうことで
お金がいただけるということは
商売では基本ですよね。 
 
でも、僕はたまにそんな基本的なことが
忘れてしまうことがあります。
お金を稼ぐことが一番になってしまっている
ときがあるからです。
 
夢をかなえるゾウ3を読んで
ハッとさせられました。
 
お金を稼ぐために人を喜ばすことと
人を喜ばすためにお金を稼ぐのとは
良く似ていますが微妙に違ってくるのです。
 
お金を稼ぐために人を喜ばすというのは
最終ゴールがお金を稼ぐことです。
その手段として人を喜ばすことがあり
そこでは自分が儲けるために
いろいろと錯誤していくことでしょう。
 
それでも、問題はないのでしょうけど、
どこか自分のためにというところがあり
相手のために尽くしきれないところが
あるように思えます。
もしかしたら、相手にとっては
必要でないものでも
売り込みをしてしまうことも
あるかもしれません。
 
 
人を喜ばすためにお金を稼ぐというのは
ゴールは人を喜ばすことにあります。
なぜお金を稼がないといけないかと言うと
自分が生活していけなかったら
人を喜ばすことができなくなるから。
 
だから、お客さんのためにならないと思ったら
違うところを紹介するなどできると思います。
あくまでもお客さんの喜ぶことを
優先することになるのです。
 
でも、お金を稼ぐことが先に来ていると
もしかしたら、お客さんの利益にならないと
分かっていても自分のことを押してしまうことに
なってしまいかねません。
 
とくに心の問題を扱っていますので、
そういうところは注意していないと
いけないと思っています。
 
僕はふと自分の利益を優先させてしまうことがあり、
これは常に自分の心にしっかりととどめていきます。
 

お金を稼ぐことは、
相手を喜ばすことが続けられるためであり
最終ゴールはお客さんの喜ぶ顔が見れることだと
今は実感しています。
 
もちろん、遊んだり、おいしいものを食べたりと
自分を喜ばすこともやっていっています。
それも大切ですからね。

 
ありがとうございました。

 

2016年06月02日|2016年:6月