自分の汚さを出す

福井のカウンセリングルーム
こころのそよ風 代表 斉藤恭央です。


僕はアトピー持ちです。
その原因は食生活が大きいと思います。
でも、それだけではなくて
きっと心の問題もあるのでしょう。
 
小林正観さんの本に書いてありましたが
アトピーを持っている子供の親は
躾けが厳しい親だと言います。
 
力で支配しようとするところで
育った子供がアトピーになる確率が
多いということです。
 
僕の母親もまさに力で支配していました。
それについていくのがやっとで、
僕の中で人から必要とされるには
人よりも上に行かなければいけない。
下になってしまうと支配される側になり
価値がなくなってしまうという
価値観ができてしまいました。 
 
だから、必死に上に行けるように
自分を飾ったり、良く見せようとしていました。
 
今はそれが抜けてきたのですけど、
まだ顔を出す時があります。
 
人には散々良い人を止めましょうとか
醜い部分を出しましょうとか
言っていたのですけど、
自分ができていないということに
気づいたのです。
 
きっとアトピーも
自分の醜い部分を出せていないから
体が出してくれているのでしょう。
 
アトピーになると
かゆくてかいてしまって、
それが擦り傷となって
カサカサとブツブツで
ひどいことになってしまい、
とても人には見せれない状態になります。
 
それは隠そうと思っても
隠しきれるものではないです。
 
それと一緒で
僕の心の中にある醜い部分は
隠そうと思っても隠しきれていないのに
必死に出さないで隠そうと努力しているのです。
 
体は僕の心の状態を反映していますね。 
 
醜い部分を出すと
みんならか嫌われる
バカにされる
下に見られる
恥かく
 
そして、愛されない存在になってしまう
誰からも必要とされなくなってしまう
という恐怖が頭をよぎります。
 
でも、醜い部分を出しても
愛されているし
必要とされている人は
たくさんいますし、
かえって喜ばれたりすることもあります。
 
必死に自分に醜い部分を隠して
善人ぶって良いことしか言っていないと
その人と一緒にいることが
窮屈になってくると思います。
 
もっと自分を飾らずに
バカをやって失敗して
思い切り楽しんで
アホなことを言って
自分をさらけ出して生きていく方が
自分も楽ですし
相手も気を張らなくても良いでしょう。
 
 
どれくらい醜い部分をさらけ出せるか
アトピー持ちの僕の課題ですね。
 
(注)アトピーの人全員が
僕と同じような課題を
持っているわけではないです。
 
食生活という部分も大きな要素ですし、
僕も食生活はきちんと気を付けるようにしています。
今はちょっと高価なミネラルもとりながら
体の方からも改善していっています。
 
その成果があってか
アトピーも少しずつ良くなってきました。


ありがとうございました。

 

2016年07月14日|2016年:7月