今のままでちょうど良い

福井のカウンセリングルーム
こころのそよ風 代表 斉藤恭央です。


僕たちは誰かと比べて
勝った、負けたという基準で
幸せ、不幸を決めているところが
あると思います。
 
 
そういう時に
この言葉はとっても響きます。
 
 
今の環境は僕にとって
ちょうど良い世界であるので、
誰かと比べて勝ち負けを
判断するのもではないし、
それによって幸せ・不幸など
決めるものではないです。
 
 
僕には僕にふさわしい世界が現れ
その人には、その人にふさわしい世界を
生きているのですからね。


今の生きている世界が
ちょうどよい世界だと思えたら、
平穏な気持ちになりそうです。
 

   丁度よい

 お前はお前で丁度よい
 
 顔も体も名前も姓も
 
 お前にそれは丁度よい
 
 貧も富も親も子も
 
 息子の嫁もその孫も
 
 それはお前に丁度よい

 幸も不幸もよろこびも

 悲しみさえも丁度よい

 歩いたお前の人生は

 悪くもなければ良くもない

 お前にとって丁度よい

 地獄へ行こうと極楽へ行こうと

 行ったところが丁度よい

 うぬぼれる要もなく卑下する要もない

 上もなければ下もない

 死ぬ月日さえも丁度よい

 仏様と二人連の人生

 丁度よくないはずがない

 丁度よいのだと聞こえた時

 憶念の信が生まれます

 南無阿弥陀仏


とっても素晴らしい詩ですね。
しっかりと自分の中に
刻んでいこうと思います。
 
 
ありがとうございました。

  • はてなブックマークに追加
2016年11月12日|2016年:11月