幸福も不幸もコロコロ変わる 

福井のカウンセリングルーム
こころのそよ風 代表 斉藤恭央です。


この世と言うのは
常に変化するものだらけで
止まっているものはないです。
 
 
幸せも
今が幸せだとして
それがこの先ずっと続くのか
と言うとそうではないでしょう。
 
 
逆に不幸も
今が不幸だとしても
この先、この不幸がずっと続くのか
と言うとそうではないでしょう。
 
 
人間の心なんて
すぐに変わってしまいますからね。
今日はこの出来事が幸せだと思っていても
しばらくたつと
幸せ感が薄れてきて
不満に変わってくることもあります。
 
 
振り子のように
右に振れたと思ったら
反動で左に振れたりして
こっちいったりあっちいったり
一定してとどまるものではないです。
 
 
その振り子があるから
感情の変化を感じられて
面白いと言えるのかもしれません。
 
 
不幸を体験するからこそ
より深く幸せを感じられます。
思い切り右に振れるからこそ
反動で左にも大きく振れるのです。
 
 
こうやって不幸と幸福を
行ったり来たりしながら
怒り、憎しみ、優しさ、思いやりなど
いろんな感情を
味わっていくのでしょうね。 
 
 
それが生きているということ
なのかもしれませんね。
 
 
何が言いたいのかというと
ずっと続く幸せもないし
不幸もないから
その時々で出てくる感情を
味わっていけたら
良いのかなと思います。
 
 
できれば不幸は味わいたくないですけど
幸せな時には気づけないたくさんのことを
不幸な時は教えてくれます。
 
 
だから、不幸に感じる時も
大切な時間です。
 
 
振り子のように
振られて、
コロコロと変化すると
思っていくと
幸せでないといけないという
執着がなくなり
生きやすくなると思いました。 
 
 
ありがとうございました。

  • はてなブックマークに追加
2016年11月28日|2016年:11月