不安の対処法①

福井のカウンセリングルーム
こころのそよ風 代表 斉藤恭央です。


ニュースなどで老後がどうなるのか
年金がもらえなくなるのではないのか?
病気になってしまったらどうしよう?
などいろいろとマイナスな情報が
流れてきますよね。
 
そんな悪い情報ばかり受け取っていると
将来に対して不安になってしまいます。
 
だから、今のうちに貯金して
健康に気をつけて
家族に優しくして
など対策を立てているし
少しでも安心できる材料を
増やそうとするのは
とっても良いことだと思います。
 
でも、時には不安が大きすぎて
動けなくなってしまうこともあります。
何をしていいの分からない!
今できることも思いつかない!
貯金しようと思っても余裕がない!
結婚できるかどうかわからない!
 
考え出したらキリがないですけど、
次から次へと思いが浮かんできて
不安が不安を呼び込んでしまう状態。
とっても辛いですよね。
未来に膨大なエネルギーをとられている状態です。
今やるべきことに費やす
エネルギーが少なくなっています。

  
そういう時は不安なこと、
思い切り悪い状態を想像して
そうなっても良いと認めることも
良い方法だと思います。
 
老後にお金が無くなって
食事ができなくて
住むところがなくなって
ホームレス状態で
一人さみしく死んでしまう。
 
そんなさみしい惨めな老後になっても良い!
病気でみんなに迷惑をかけて
後ろ指を指されて厄介者にされても良い!!
 
一番なりなくないと思っていることを
ずっと否定して
ならないように、ならないようにと
強く念じているというのは
心に向かって
そうなってしまう、そうなってしまうと
知らないうちに暗示をかけていることに
なってしまいかねないのです。
 
脳は否定形を理解できませんからね。
詳しくは
「否定命令の暗示にかかっていませんか??」
http://cocosoyo.jp/posts/blog55.html
など読んでみて下さいね。
 
 
だから、良い意味で
あきらめることも大切です。

あきらめると緊張状態から
力が抜けて楽になります。
囚われから自由になります。
 
悪い想像を思い切りして
もうこんな風になってしまっても良いと思えると
かえってスッキリして次にいけるのです。
 
恐れていたことの9割は
実現しないという言葉もあります。

10年、20年先のことを
今考えても仕方がないところもあります。
どうなっているかなんて誰にもわからないですからね。
 
だから、将来にたいして
不安でいっぱいになってしまった時は
悪いことを思い切り考えて
そうなってしまっても良い
あきらめだったり
覚悟だったりすると
かえってスッキリして
良い結果が生まれやすいです。
 
悪い結果を受け入れた後は
良い結果も受け入れましょう。
 
未来は僕たちが思っている以上に明るい。
絶対に何とかなる。
だから、今を楽しもう。
 
 
絶対に~になってはいけないと
思っていると不安や恐怖で
動けなくなってしまいますからね。
 
そうなってしまっても良いと
あきらめましょう。
するとスッキリして
次にいけます。
 
 
ありがとうございました。

 

2016年07月30日|2016年:7月