不安と安心のバランス

福井のカウンセリングルーム
こころのそよ風 代表 斉藤恭央です。


僕たち強くは安全・安心を求めます。
どこに行き着くのか
行き着いた先にどんなことが待っているのか
全く見えなかったら予定もたてられません。
 
先をある程度予想することによって
計画も立てることができて
設計もできるでしょう。
 
でも、あまりにも先が見えてしまっていると
退屈してしまうのです。
 
推理小説でも
結果がわかっていると
見る気になれませんよね。
 
犯人がわからない状態で
疑心暗鬼で結果がまったく見えない。
そんな状態でドキドキして
食い入るように見てしまうでしょう。
そして予想がくつがえされたときに
やられた~となって感動すらおぼえます。
 
先が見えないことによって
心が躍り冒険する楽しみも出てくるのです。
結果が見えている冒険なんてつまらないですもんね。
わからないからこそ
ドキドキワクワクすることができるのでしょう。
でも、不安は大きくなります。
もしかしたら大失敗をするかもしれません。
たしかなものはないのですからね。 
 
安心を求める心と
不安だけど見えないものに突き進みたい、
その二つの感情のバランスで
人生に色を出していくのでしょう。
 
安心だけだと退屈してしまう。
先が見えないと不安で
動けなくなってしまう。
 
人によって安心が多くて、冒険が少なかったり
冒険が多くて、安心が少なかったり
許容の範囲が違うと思います。
 
もし、今生きている実感が持てないとしたら
ちょっと安心領域から外れて
冒険して先の見えない世界に進んでみるチャレンジを
してみるのも良いかもしれません。
 
そこには、成功があるのか?
失敗しかないのか?
わからないからこそ
面白いのでしょうね。
 
僕は、人生を楽しむためにも
これからもっと冒険を
していこうと思いました。

 
ありがとうございました。

2016年09月02日|2016年:9月