否定命令の暗示にかかっていませんか??

福井のカウンセリングルーム
こころのそよ風 代表 斉藤恭央です。


昨日の記事の続きで
僕たちは、~してはいけないと
強く思えば思うほど
それをやってしまうということがあります。
 
ミスしてはいけないと思えば思うほど
ミスをしてしまいますよね。
嫌われてはいけないと思えば思うほど
嫌われるような行動をとってしまうのです。
 
それが不思議なところですけどね。
昔話でもありますよね。
 
鶴の恩返しでも
絶対に機織りの部屋に入ってはいけないと
言われていても入ってしまいます。
 
浦島太郎でも
絶対に玉手箱を開けてはいけないと
言われても開けてしまいます。
 
~してはいけないと思うと
よけいにしたくなるのが
人間の不思議なところですよね
 
あんな親のようになりたくないと
強く思えば思うほど
あんな親のような振る舞いをしている
そんなことはたくさんあります。
 
だからこそ、
~してはいけないを
~しても良い
に変換するのです。
 
嫌われても良い、
バカにされても良い
あんな親のようになっても良い
 
~しても良いに変換できたとき
ずっと握りしめていたものから
解放されますからね。
 
~してはいけない

~しても良い
にする。
 
大切なことだと思います。
 
ありがとうございました。

2016年01月15日|2016年:1月