コントロールできないものは受け入れる

福井のカウンセリングルーム
こころのそよ風 代表 斉藤恭央です。


僕たちにはどうかできることと
どうしようもないことがあります。
 

依存症の自助グループでよく読まれている詩で
こういうものがあります。
 
「神よわたしに
 変えられないものを受け入れる平静な心と
 変えられるものを変える勇気と
 その二つを見分ける知恵を
 与えて下さい 」

 フーバーの祈り
 
 
アルコール依存やギャンブル依存の人は
自分一人では止めることって
とっても難しいと言います。
 

それは病だということを
受け入れて対処していかないと
自分の力だけで何とかなるとか
思っているとどんどんとひどくなってしまいます。
 
 
僕たちの感情も湧き上がってくるものは
止めることってできないですよね。
 
 
こんな考えをもってはいけないと
思っている感情は勝手にわいてきて
止められるものではないと思います。
それを無理に止めようとすると
疲れ果ててしまいます。
 
感情というのは
自然に湧き上がってくるものなので
出てこないようにするのは無理だと思います。

 
出てきた感情に良い悪いを付けずに
とりあえずそのままを受け入れることが
大切になってくるのでしょう。
 
 
親に対して憎しみが出てきたら
出てきた憎しみをまずは
そのまま隠さないで
「ああ、自分は親に対して
それだけの憎しみを持っているのだね!」
と受け入れる。
 
 
出てきた感情を無理になかったことにしたり
ダメ出しをして抑え込まないようにすると
徐々におさまってきたりします。
 
 
感情もコントロールできない分野なので
そのまま受け入れることが大切です。
 
 
変えられるものは変えようとしても良いですけど、
変えられないものは受け入れることが
早く苦しみから解放されるコツだと思います。 
 
 
とくに負の感情
憎しみ、怒り、嫉妬、自己嫌悪、悲しみ、
などをきちんと認めることって
とっても大切ですし、
誰かに聞いてもらうというのも
有効な対処方法だと思います。 
 
 
自分を無理にコントロールしないで
適度の発散して解放して
スッキリとしていきましょう。
 
 
誰かにわかってもらうことで
大きかった感情が
徐々に小さくなってくることを
感じることでしょう。 
 
 
ありがとうございました。

2016年12月04日|2016年:12月