すべては小さな一歩から

福井のカウンセリングルーム
こころのそよ風 代表 斉藤恭央です。


ドミノ倒しの法則
と言うのもがあるようです。
 
 
どんなに小さな一歩でも、
踏み出すことによって
次の一歩が自然と出て
やがて大きなことが
できるようになっている
と言うことです。
 
 
はじめから大きなことを
やろうと思っていると
心理的に負担が大きくて
動けなくなることって
ありますよね。
 
 
マラソンでも
いきなり10㎞走ろうと
思っても無理です。
5㎞でも無理でしょう。
段階ごとに小さく分類して
やっていくと良いでしょう。
 
走るために外に出るのが億劫な時は
まずは、ウェアに着替えるところから
はじまるかもしれません。
 
 
小さく分類して
ちょっとずつやっていくのです。
すると一歩出た足が
次の足を誘導します。
 
 
できないことに圧倒されているときは
小さな一歩からはじめることが
大切だということですね。 
 
 
コミュニケーションが
苦手な人は
挨拶からはじめてみる。
それも無理なら
心の中でやってみる。
そうやって、だんだんと
ステップを踏んでいくと
すんなりとコミュニケーションが
とれるようになってくるでしょう。
 
 
大きなことも
小さなことの積み重ねなので、
こんなことやってなんになるの?
と言われるようにことでも
一歩踏み出すことによって
次の一歩が出ます。
 
 
どんなに小さくても
一歩踏み出すことは
ゼロになることはないですもんね。
 
 
大いなる小さな一歩を
踏み出していきましょうね。
 
 
ありがとうございました。

2016年12月13日|2016年:12月