喜びと恐れ

福井のカウンセリングルーム
こころのそよ風 代表 斉藤恭央です。


何か行動するとして
突きつめていくと
2つの動機しかないと
言われています。
 
「喜び」「恐れ」です。
 
恐れからの行動をとる時は
決まって
~しないといけない
~してはいけない
「ない」が後ろにつきます。
 
喜びからの行動は
~したい
それだけです。
 
仕事をしなければいけない
これは恐れが動機です。
仕事したい
これは喜びが動機です。
 
同じ仕事をするにしても
恐れが動機になってやっているのか
喜びが動機になってやっているのかで
結果が全く違ってきます。
 
恐れが動機にやっていると
やればやるほど
苦しくなってしまうでしょう 。
~しないといけない
というのは
「本当は~したくないけど、
誰かに怒られそうだから
やらないといけない!!」
というやりたくないが
本音としてあるのです。
 
本音ではやりたくないと思っていることを
我慢してやっているのだから
つらくなりますよね。
 
ストレスとは我慢するから
身体や心の無理がかかってくることです。
 
ストレスをなくそうと思ったら
我慢をやめることが一番です。
 
~しなければいけない
と思っていることを
やめてみる。
~してはいけないと
思っていることを
やってみる。
 
すると我慢することがなくなって
ストレスが解放されるでしょう。
 
ただ、恐れから喜びに行くためには
乗り越えるものがあります。
誰かに怒られる
嫌われる
バカにされる
迷惑をかける
恥をかく
ということを
乗り越えることでしょう。

ようするに、我慢をやめて
嫌われても良いから
自分の好きなことをする
ということです。
 
とっても怖いですよね。
僕も嫌われるのが怖くて
怒られるのが怖くて
やりたくてもやっていないものは
たくさんあります。
やりたくなくてもやっていることも
たくさんあります。
 
恐れがなくなるほど
喜びだけの人生になってくるのでしょう。
 
まさに嫌われる勇気ですね。
 
 
ありがとうございました。

2016年09月16日|2016年:9月