恐れで愛が隠れてしまう

福井のカウンセリングルーム
こころのそよ風 代表 斉藤恭央です。


人間の行動の動機は根本的には
「愛」「恐れ」の二つしかないと言われています。
 
大体の問題の原因は恐れからの行動をしているときに
起こると言われています。
恐れとは、危険を感じた時に生じる反応で、
身を守ろうと必死になっている状態ですね。
 
安全になった現代での危険というのは、
たいていは自分の居場所がなくなってしまうという
危険ではないのでしょうか。
孤独になることの恐怖はとっても強いですからね。
だから、自分のことを必要としてくれる人を求めて
懸命になるのでしょうね。
 
場合によっては地位や権力が有効になるときもあるし、
人に貢献することで確保しようとするときもあるし、
かわいそうな人になって助けられることで
確保しようとするときもあります。
 
そうやって人から嫌われない努力を
必死にやるのですけど、
その努力をすればするほど、
相手に気に入られようと自分を偽ってしまい
本音では腹立つことでも、表面では笑っているなどして、
本当の自分から離れていってしまうのかもしれませんね。
 
本当はやる必要のないことを
無理してやっている状態ですもんね。
 
だから恐れからの行動は大体
本当はしたくないけど~しなければいけない
本当はしたいけど~してはいけない
と本音と行動が矛盾していますよね。
 
その矛盾を解消できたら、
きっと恐れがなくなり、
本来の自分が顔を出し始めることでしょう。
 
本当はしたいことをやってみる。
本当はしたくないことをやめてみる。
これだけで、人生は変わるのでしょうね。
 
人の悪口を言ってみる
遅刻してみる
迷惑をかけてみる
人のご機嫌をとるのをやめてみる
良い人をやめてみる
かっこいい人をやめてみる
など、今までと逆のことですから、
とっても勇気がいることでしょうね。
 
でも、一度経験してみると
きっと人生は変わるでしょうね。
とっても怖いことですけどね。
 
僕も少しずつしかできていません。
たいていは恐怖が先だって
いつもと同じパターンを繰り返しているだけです。
 
まあ、そういう自分も認めながら、
勇気をもって自分のやりたいことを
やっていこうと思います。
 
 
ありがとうございました。

2016年01月18日|2016年:1月