本音を言う

福井のカウンセリングルーム
こころのそよ風 代表 斉藤恭央です。


ブラックな自分を出すということに
関連していますけど、
共通しているのは
自分の本音を隠してしまっている
ということですね。
 
ありのままの自分を

生きようと思ったら

最初にすることは

本当の気持ちを言うこと

つまりは「本音」で話をする

ということでしょうね。 
 
僕たちは本音で話をすることって
あまりないですよね。
特に日本人はそうなっていると思います。 
 
贈り物でも
つまらないものですけど
と言って差し出します。
 
まずいと思っていても
おいしいと言っていただかなければいけない。
 
など相手を気遣うようなものもありますが、
あまりにも自分の思っているのと
かけ離れているような言葉ばかりを
使っていると自分の本当の姿を
見失ってしまうのでしょうね。
 
本音を言うのに最適な言葉があります。
「本当は~してほしかった」
このように
「本当は」というのを
つけると本音が出やすいです。
 
今まで言えなかった本音が
言えるようになると
自分自身が癒されることでしょう。
 
周りの目を気にして本音を隠しながら
頑張って自分を演じ続けなければいけないというのは
とても疲れますし、表面だけの関係つくりで
心から分かり合える関係にはならないでしょう。
 
本音が言えるようになると
自分の気持ちに嘘がなくなるので、
生きていくのが楽になってくるでしょう。
飾らなくても良くなりますからね。
 
でも、飾りをなくすということは
鎧を外すということでもあるので、
もしかしたら、自分が傷つくこともあるかもしれませし
相手を傷つけてしまうかもしれません。
 
それでも自分に正直になって
本音を言えるような自分になれたら、
きっと人生は変わってくるでしょう。 
まさに嫌われる勇気が必要になってくるのでしょうね。
 
そして、自分が本音を言うことは
相手も本音を出しても良いということです。
自分がぶっちゃけると
相手もぶっちゃけてくれますからね。
 
トップバッターで
誰が先にぶっちゃけるのか?
先にできた人はヒーローですね。
 
本音を言うのも
できない人にとっては
とっても勇気のいることです。
 
僕も最近はブラックな面を勇気をもって出していて
本音を言うようにしています。
だから、トゲが出ていて
触ると怪我するかもしれませんよ(^_^;)
 
ありがとうございました。

2016年02月01日|2016年:2月