その親切お節介なっていませんか?

今日はその親切お節介なっていませんか?
ということについてお話ししようと思います。



何か人に親切にしてあげた時に
喜ばれる時は良いのでしょうけど
でもその親切が嫌がられたり
厄介になったりしてしまうって事が
往々にしてあるのかなと思います。



余計なお節介になってしまっているっていう
状態なのかなと思います
ではどういう風な時が
余計なお節介になっているのかということを
少し考えていきたいなと思います。



まず自分の正義感というのを
押し付けていませんか
ということを考えていく必要は
あるのかなと思います。



自分なかで「こうあるべき」とか
「こうじゃないといけない」って
いう風なものを持ってる時に
そうじゃない人が現れたら
それを強制させて直さなければいけないって
風に思ってしまうところがあります。



例えば仕事で常に目標に向かって
成長しなければいけないとか
真面目に働かなければいけないとか
人に迷惑をかけてはいけない
という風に思っている人がいて



でも周りを見渡すと
そうじゃない人がいるとしたら
その人のためにと思って
厳しく成長しなければいけないとか
真面目にしろとか
人に迷惑をかけるなっていう風に相手に言う



それはその人のために
言っていることでもあるかもしれませんけど
でもそれが相手にとっては余計なお節介
自分の考えを押し付けてくるだけで
うざったいヤツっていう風に
思われる可能性もあります。



そういう自分の中の価値観っていうのを
押し付けてしまっている時っていうのは
お節介になってしまってるとこが
多いのかなと思います。



そういう自分の正義感が
必要な場合もありますけど
でもそれがあるから
自分も苦しくなってしまって
そして周りの人すらも
苦しくしてしまってる場合もあるので



周りを変えようとするよりも
自分のその正義感が本当に正しいのか
本当にそれをしなければいけないのか
というのを考えていくってことも
大切なことなのかなと思います。



まずは相手を変えようとするよりも
自分の正義感
これをしてはいけない
ああじゃないといけない
というものが
正しいのかっていうのは
考えていく必要があります。



次に相手がどうしようもない人だ
という風に思って
何か助けなければいけないという風な
感情を持っていませんか
ということがあります。



いわゆる相手を見下している状態
なのかなと思います。



相手には問題を解決する力がない
だから相手を助けなければいけないって風に
相手の力を見くびってしまっている。



というところがないのかってのも
考えていく必要があるのかなと思います。



それはいわゆる下の人間だと思われる
子供とか部下とかそういう人たちに対して
思いやすい感情なのかなと思います。



私がやらなければ
あの人は何もできないのだって思っている
その考え自体が
ちょっと怪しいということがあります。



本当はその人はもっともっと力があって
問題を解決する能力もあるのに
勝手にあの人はそんな問題を解決する力がない
自分が解決しなければ
あの人は駄目になってしまう
とんでもない失敗を起こしてしまう
ていう風に決めつけて
勝手に助けようとしてしまうっていうところが
あるのかなと思います。



そうなってしまうとそれは
余計なお節介になってしまいかねません
してあげるって言う事が
傲慢な態度になってしまうってこともあるので
それは少し考えていく必要は
あるのかなと思います。



そして最後に頼まれてもいないのに
勝手に問題を解決しようとしてしまっている
それは往々にしてあるのかなと思います。



相手から何もして欲しいって言われてないのに
勝手に口出しをしたり手を出したりとか
そういうことをしようとすると
抵抗にあいやすいというのがあります。



親が子供に対して
学校の問題があったとしたら
勝手に口出しをして
何でも解決しようとして
しまっているところがあったとしたら
子供はそれが、あ、お母さん助けてくれて
ありがとうっていう風に思うかっていうと
そうはならない時が多いのかなと思います。



勝手に自分の問題を親が解決しようとして
余計に問題をややこしくしてしまうってことが
たくさんあるのかなと思います。



子供は子供の考えで
こうしようっていうことがあって
どうしようもなくなった時に
親に助けを求めるって事があります。



でも子供が助けを求めもしないのに
勝手に手を出して問題を
ややこしくしてしまうっていうこともあります。



もう少し親は暖かい目で見守るっていうことは
必要なのかなと思います。
待つっていうことは
とっても忍耐力が必要になってきます。



ちょっと何か困ってるようなことが
あったとしても
子供の力を信じて待つ
何か言われて助けて欲しいって思った時に
はじめてそこでアドバイスなり
何か行動に起こしたり
そういうことをしていけばいいだけであって



頼まれてもいないのに
勝手にあれしなさい
こうしなさい口を出して
そうやってやるとすると
子供にも自立する力が芽生えませんし



問題も複雑になって
大きくなってしまいかねません。



そんな感じで頼まれてもいないのに
勝手に問題を解決しようとしないということは
大事なことなのかなと思います。



そんな感じで
その親切がお節介になってしまう
ていう時っての少し考えてみました。



復習すると
まずは何か相手にやるときは
自分の正義感を押し付けていないのか
自分が「こうやるべき」「あああるべき」
って事を
勝手に相手に押し付けてしまってる時が
あるかもしれません。



次に相手を見下していないのか
問題を解決する力がないと勝手に決めつけて
自分がやらなければ
って思っていませんかっていうことです。



そして最後に頼まれてもいないのに
勝手に問題を解決しようとしていませんか
ということで
頼まれて初めて口を出せばいいだけで
相手から何も言われていないのに
勝手に口出しをしようとすると
抵抗にあいやすいということでした。



そんな感じで
親切がお節介になるということについて
述べさせていただきました。



ありがとうございました。





メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。

こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール
2020年12月03日|2020年:12月