大切にしたものに大切にされる

福井のカウンセリングルーム
こころのそよ風 代表 斉藤恭央です。


僕たちは粗末に扱われると
深く傷ついてしまって
仕返しとして自分も相手のことを
大切に扱わないでおこうと
思ってしまいます。
 
 
 
それって逆に言えば
人に大切に扱ってもらえたら
自分もお返しとして
大切に扱おうと思えますよね。
 
 
 
これは人だけでなくて
物にも同じことが言えます。
良く言われることですけど、
プロの人ほど自分の道具を
大切に扱います。
有名なのが野球のイチロー選手は
グローブやスパイクやバッドなど
決して粗末に扱ったりせずに
早くに球場に入って手入れをして
遅くまで残って、また手入れをするという。
 
 
 
物にも命があるとしたら
粗末に扱われる人と
大切に扱ってくれる人といたら
どちらに力を貸そうかと思うかと言うと
答えは決まってしますよね。
 
 
 
風水でいろんな方位とかあるようですけど、
大切なのはどんな場所であっても
どんなものであっても
その時々で大切に扱うということが
運気を上げるのかもしれませんね。
 
  
 
大切に扱う心構えとして
何でも多く持たずに
本当に使うものだけを
長く使い続ける方が良いみたいです。
あれもこれもと多く持っている状態では
一つ一つが粗末になってしまいますからね。
 
 
 
気に入ったものだけを
長く大切に使い続ける方が良いみたいです。
と言うわけで断捨離ですね。
増やすことよりも減らすこと
一つの物を大切に使い続けること。
 
 
 
僕もついつい物を増やして
嬉しがっている時があるので
増やすことよりも
減らすことに力を入れて
本当の必要なものを大切に
使い続ける生活をしていこうと思いました。



そして、人も物も自分と同じように
大切にしていくことが
そのお返しとして大切に扱われ
幸せになっていくのでしょう。
 
 
 
 
ありがとうございました。

2017年07月08日|2017年:7月