あの人が機嫌が悪いのは私のせい??

福井のカウンセリングルーム
こころのそよ風 代表 斉藤恭央です。


昔の僕がそうだったのだけど、
ある人が機嫌が悪くなって
何かイラついているとします。
その機嫌が悪くなる姿を見ると
つい自分が何か気にさわるようなことを
したのかなと自分を振り返って
原因を探そうとしてしまいます。
 
 
 
そして、あの時あんなことを言ったから
あんなことをしてしまったからなのかな??
と一人で考え込んでしまって
しまったことをしたなと反省するのです。
 
 
 
だから、機嫌が悪い人の近くにいると
いつもビクビクとしていました。
また地雷を踏んで機嫌を悪くしてしまうか
心配でたまらないのです。
とっても小心者だったのです。
 
 
 
相手が機嫌が悪くなるのは
僕が何かしたせいではないのか?
と言うのはになっていたのです。
 
 
 
その癖は小さいころの
母親の影響が強かったですね。
ちょっとヒステリックなところがあって
その日の気分で怒ったり、優しかったりしました。
でも、小さいころはヒステリックなところなんて
分かりませんから、
母親が怒りつけたり、悲しませるのは
自分が悪いからだと思い込んでいたのです。
 
 
 
その癖が母親と同じように
気分で機嫌が変わる人に
いつの間にが当てはめてしまっていて
ついその人が機嫌が悪くなると
自分が何かしたからだと
原因を自分に向けてしまっていたのです。
 
 
 
でも、その人が怒るのも、機嫌が悪くなるのも
僕とは関係のないことも多いです。
ちょっとは関係しているかもしれませんが、
ただ虫の居所が悪かったり
家で嫌なことがあったとか
すべての原因が自分だと決めなくても良いのですよね。
 
 
 
小さいころの癖で怒っている人を見ると
何とかしたくなるのですけど、
何もしなくても時間が経てば
おさまっていくことが多いです。
気にしないでいることが
一番なのでしょうね。
 
 
 
それができるようになってからは
機嫌がわるかろうが、
気分で怒っているようなことがあっても
自分のせいではないので
怒らせたり不機嫌にしておくことにしています。
 
 
 
相手の不機嫌=自分が原因
から抜け出せると随分と楽に生きられます。
 
 
 
これをするためには
小さい頃の自分と向き合って
癒す必要もありました。
怖かった経験などがあって
その時の感情を感じて解放するもの
大切なことです。
 
 
 
そうやって昔からの癖が抜けて
今は平然としていられるようになったのです。
 
 
 
普通の人からしたら
当たり前なことなのかもしれませんが、
できない人にとっては
難しいことなのです。
 
 
 
不機嫌な人を見て、自分が悪いように思える人は
相手の不機嫌=自分が原因
になっていないか
振り返ってみると良いかもしれませんね。
 
 
 
ありがとうございました。

2017年07月12日|2017年:7月