かみさまとのやくそく②

福井のカウンセリングルーム
こころのそよ風 代表 斉藤恭央です。


昨日の続きで上映会の
勉強になったことをシェアさせていただきます。
昨日の記事はこちらです。
http://cocosoyo.jp/posts/post122.html
 
 
僕たちは自分の人生を
自分で選んで生まれてくると言います。
 
 
 
子供たちに生まれてくるときのことを
聞いていくと生まれるまでの流れが共通しています。
最初、テレビのようなものに
いろんなお母さんが映し出されていて
このお母さんのもとに生まれたいと
神様にお願いするようです。
 
 
 
神様の方からこの家に生まれたらどうか?
と決められることはなくて、
すべての子供たちは
自分でお母さんを選んできます。
 
 
 
そこには前世でのつながりがある人もいて
前世での後悔したことや
成し遂げらなかった課題も
持ち越して生まれてくるようです。
でも、たいていは生まれるときに
すべて忘れてしまいます。
 
 
 
それで、このお母さんのもとに生まれると
例えば愛情をもらえないだろうとか
もしかしたら虐待されるかもしれない
ということもわかったうえで
それでも、お母さんの力になりたくて
お母さんを助けたくて
生まれてくるようです。
険しい道になるとわかっていても
覚悟があったのでしょう。
 
 
 
 
学校でも小学校から高校、大学があるように
魂もそのレベルがあって
大学レベルの魂だと
小学校のような問題だと
退屈してしまいますよね。
 
 
 
レベルが低い魂だと
問題が易しくて楽な人生を選ぶかもしれませんが、
レベルが高くなるにつれて
問題は難しく、
険しくて厳しい人生を選ぶかもしれません。
 
 
 
でも、自分で決めた人生なので
乗り越えられないことって
起こらないのが普通でしょう。
 
 
 
受験でも自分のちょっと上で
頑張ったら受かるかもという
レベルのところを受験しますよね。
途方もないようなレベルのところを
受験するという人ってあまりいないと思います。
人生も一緒で
自分のレベルのちょっと上のレベルを
選んで生まれてくるようです。
 
 
 
途方もないような課題に見えても
その人の解決できないようなことは起こらない。
すべては自分で決めた範囲で
ちょっと頑張れば乗り越えられるものだと言います。
 
 
 
だから、どんなに困難なことが起こっても
必ず自分で乗り越えられる範囲のことしか
起こらないので、
自分には解決する力があると
信じてほしいなと思います。
絶対に大丈夫!!
 
 
 
人生は最後はすべてうまくいくように
なっているのだということを
学ばせていただきました。
 
 
 
ありがとうございました。

2017年09月24日|2017年:9月