許した分だけつながれる

苦しみ、悲しみ、怒りなどの
こころの痛みを聴かせてください。
あなたのこころに寄り添う  
聴き上手カウンセラー 斉藤恭央です。



許しについての記事の続きです。
前回の記事も一緒にご覧ください。
『許した分だけ自由になれる』
http://cocosoyo.jp/posts/post933.html


誰かを許せない時ってありますよね。
何でこんなひどいことをするのだ!!
信じられない。
すごく傷ついた!!!
絶対に許せない。
という人って誰にでもいると思います。
 
 
 
それが大切な人であれば
傷が大きくなっていて
なおさら許せない気持ちが強くなると思います。
 
 
 
それで、許せない時って
相手とのつながりを切りたくなりますよね。
あんな人とは付き合いたくない。
顔も見たくないし
近くにいるのも嫌だと
なると思います。
 
 
 
そうやって許せない人が増えるほど
つながりも減ってしまいます。
人は何かしら誰かとつながっていないと
生きていけませんよね。
 
 
 
孤独やさみしさを抱えてしまう原因として
許せない人が多いというのもあるのかもしれません。
孤独だから余計に心に余裕が持てずに
ちょっとしたことでも許せなくなり
つながりを簡単に切ってしまうかもしれずに
悪循環に入ってしまいます。
 
 
 
逆に心が広くて許せない人が少ない人は
つながる人も増えて
安心感も増えてくることでしょう。
そうなるとまた心も広くなって
許せる許容範囲も広くなるという
好循環になっていきます。
 
 
 
許せない人が増えるほど
縁を切ってしまいがちですが、
許すことができると
切れた縁をつなげることができます。
 
 
 
切った縁というのは
憎らしい相手かもしれませんが、
じつは自分の見たくない
隠しておきたい醜い部分なのかもしれません。
 
 
 
そして自分の見たくない一部分を
切り離してしまうと
欠乏感が生まれてくるのです。
自分は欠けている存在
どこか足りない存在だ!
と思うようになるかもしれません。
 
 
 
そう思ってしまうと
足りないものを何かで埋めようと
頑張ってしまうことになるかもしれません。
 
 
 
許した分だけ切れていた縁がつながります。
切り離された相手ともつながることができるでしょうし
切り離された見たくなかった自分の一部とも
つながることができるでしょう。



そうやって許しを実践していき
どんな相手であっても
どんな自分であっても受け入れることが
本当の愛を知るということなのかもしれません。
その成果として豊かさ、安らぎが得られます。
 
 
 
許せないと縁が切れていきます。
許すことは縁がつながること。
嫌なことをされた人とも
嫌なことをしてしまう自分とも
つながりがでてきて
愛を送れるようになります。
 
 
 
許しはつながる最高の手段なのでしょう。
 
 
 
ありがとうございました。

2017年12月02日|2017年:12月