こんな醜い感情を持つのは私だけ!?

苦しみ、悲しみ、怒りなどの
こころの痛みを聴かせてください。
あなたのこころに寄り添う  
聴き上手カウンセラー 斉藤恭央です。



僕たちは自分の醜い部分を言うのは
目を伏せたいと思いますよね。
子育て中だったら
子供に対して常に愛情よく接して
優しい母親でないといけない。
子供に対して怒りや憎しみを
抱えている自分は母親失格だ!!
と思ってしまうと
つらくなってしまいます。
 
 
 
他のお母さんはきちんと
愛情を持って育てているのに
自分は愛情が無いどころか
憎くて仕方ないときがある。
 
 
 
こんな恐ろしい感情を持っているなんて
自分はなんて罪深い人間なんだろう!!
と言う感じで
他人は完璧にやっているのに
自分は全然できてないから
ダメな人間だ!!
と自分を責めてばかりいると
とってもつらい日々を送ることになってしまいます。
 
 
 
集まりの場でも人って
自分の醜い部分は隠しているので、
パッと見た感じでは
すごく良い人たちばかりと
思ってしまいがちです。
 
 
 
あの人たちは上手くやっているのに
それに比べて自分はなんてダメなんだと
落ち込んでしまいます。
 
 
 
でも、すべて人にはプラスもあればマイナスもあり
清い部分もあれば醜い部分もあります。
善だけの人もいないし
悪だけの人もいない。
混在しているのが人間なのでしょう。
 
 
 
私だけがこんな醜い部分を持っていると
勘違いしているだけで
多かれ少なかれみんな醜い心は持っているのです。
 
 
 
それが分かるだけでも
完璧でなくても良いのだ!
醜い部分を持っているのは私だけではないのだ!
と思えると救われることがあります。
 
 
 
清らかな部分しか持ってはいけない
醜い部分を否定して
必死に隠して
良くなろうとしても
ふとしたときにでてしまうから
つらいですよね。
 
 
 
みんな悪い心は持っています。
僕にも当然ありますし
完璧でなくていいですよね。
完璧になんてなれませんもんね。
 
 
 
ダメな母親でも良いし
子供を愛せなくても良いし
たまには暴力を振るってしまっても
しょうがないですよね。
そういう自分を責めないで
許して受け入れていけたら
心って穏やかになり
愛情が出てくることもあります。
 
 
 
自分を否定してしまっていると
心が狭くなってしまって
せっかくの愛情も隠れてしまいますからね。
 
 
 
完璧な人なんていないし
完璧になれるわけもないし
不完全なまま
醜い部分を抱えたままで
自分を責めることを少なくして
穏やかに暮らしていけると
周りにも今よりも優しく
接していけることでしょうね。
 
 
 
けっして自分だけが醜い存在で
周りは清らか人だと勘違いするのは
減っていくと良いなと思います。
 
 
 
ありがとうございました。

2017年12月09日|2017年:12月