終わってみたら、たいしたことなかった

苦しみ、悲しみ、怒りなどの
こころの痛みを聴かせてください。
あなたのこころに寄り添う  
聴き上手カウンセラー 斉藤恭央です。



僕たちは苦しんでいる時は
食欲もなくて食べていても味がしない
寝つきも悪く睡眠不足で
胸のあたりがギュッと締め付けられて
こんな生活がいつまで続くのか
不安になったりしますよね。
 
 
 
どうやったらいいのか!!
早くこの苦しみから抜け出したい!
誰か何とかしてほしい!
と切実に訴えるほどだと思います。 
 
 
 
でも、自分の人生を振り返ってみると
今までも苦しい経験はたくさんあって
それを乗り越えてきています。
その時はとっても苦しくて
耐えがたいものだったと思うのだけど、
終わったものを思い出そうとしても
苦しかったなというくらいしか
思い出せなくて
それどころか、良い経験に
なっていることもありますよね。
 
 
 
苦しい経験も終わって
振り返ってみると
あの時は良く頑張ったなと思えますが、
たいしたことに感じないのです。
苦しさはのど元を過ぎたら
薄れていくようにできていますからね。
 
 
 
そして、その苦しい経験は
大きなものが一つや二つくらい
誰にでもあることでしょう。
僕の中にも振り返ってみると
貴重な苦しい経験が何個かあります。
でも、思い出そうとしないと
埋もれたままになってしまって
活用されずにいます。
 
 
 
今、苦しんでいる人は
過去を少し振り返ってみて
今よりももっと苦しい経験を
乗り越えたときなと
思い出しすことができたら
そして、苦しい時ほど
良い思い出になるということを
知ることができたら
今の苦しみも
また違ったものになると思います。
 
 
 
苦しみがずっと続くことはない。
時間が解決してくれることもあるし
自然と解決していることもあるし
たんに考えすぎだったということもあります。
 
 
 

僕たちの中には
たくさんの苦しい問題を解決してきた
経験があります。
今、苦しみを抱えている人は
その貴重な経験を思い出して
少しでも希望を持っていってほしいです。
 
 
 
ありがとうございました。

 

2018年01月10日|2018年:1月