本当に大切なもの

苦しみ、悲しみ、怒りなどの
こころの痛みを聴かせてください。
あなたのこころに寄り添う  
聴き上手カウンセラー 斉藤恭央です。



僕の人生を振り返ってみると
苦しい時ほど
本当は大切にしないといけないものを
粗末にしていて
どうでもよいものを
大切にしてしまっているという
逆のことをしている時が
多かったように思えます。
 
 
 
それは、他の人を見ていても
不器用だなと思う時に
そう感じます。 
 
 
 
相手からバカにされたくないから
些細なことでも言い争って
お互いが険悪な気持ちになってしまう。
あとで振り返ってみても
どうでもいいようなことで
なぜあれだけこだわっていたのか?
ムキになって言い返して
自分の意見を通そうとしていたのか?
分からなくなる時がありますよね。
 
 
 
ホントどうでもよいことを
大切にしてしまっていて
本当はもっと大切にしないといけないことを
粗末に扱ってしまっているなと
つくづく思うのです。
 
 
 
どうでもいいもので
捨ててしまった方が楽になれるものとして
プライド
勝つこと
上に見られること
強さ
賞賛など
があるように思えます。 

 
 
これらを捨てることができたら
もっと楽に生きられますよね?
 
 
 
そして、大切にしないといけないものとして
優しさ

慈しみ
見て見ぬふりをしている自分の弱さや醜さ
欠点や足りないところなど
あると思います。  
 
 
 
自分の弱さに向き合うことができたら
もっと自分の優しくできるし
相手にも優しくできるように
なると思います。
そうすると自然に
愛や慈しみがあふれてくると思います。
  
 
 
弱さを隠そうとして
強がっていても
自分も周りも疲れてしまいます。
勝つことや強さなんて
そんなに重要ではないですもんね。
 
 
 
本当に大切なものは
たびたび逆になってしまうものですね。 
気を付けないといけないと
自分で心にとどめていきます。
 
  
  
ありがとうございました。

 

2018年01月13日|2018年:1月