磨くこととは足すことではなくて削ること

よく本屋などに行くと自分磨きで
さまざまなスキルアップや資格を取ること
何か上手にこなせるようになることなど
自分を向上させるものが
たくさん売っていると思います。
 
 
 
自分磨きでいろんな技術を
向上させることも
とっても大切なことだと思います。
  
 
 
愛が動機で、やっていることが楽しくて
もっともっと勉強していきたい
スキルアップして未知の世界が体験したい
というのであれば、
その勉強は生きていくことでしょう。
 
  
  
でも、何がやりたいのかわからないから
とりあえず資格を取っておこうとか
何か技術を向上させておこう。
今の自分ではダメなような気がするから
いろんなことを勉強して
人よりも特別な存在になろうとしよう
等という不安や恐れ
動機になっている人は多いのかもしれません。
 
 
 
人の動機となっているのが
不安や恐れからくるものなのか?
からくるものなのか?
それも見極めることって
とっても大切です。
 
 
 
不安や恐れが動機になっていると
せっかくのスキルアップも
無駄に終わってしまうことも出てきます。
それどころか本来の自分の姿が
スキルアップによって隠れてしまって
やってもやっても自信を失う羽目に
なってしまうかもしれません。
 
 
 
就職に有利だからと言って
流行っている資格を取ろうと
頑張って勉強していっても
本当にそれをやりたいわけではないので、
苦しくなってしまうし
本当に自分が何をやりたかったのか?
分からなくなってしまうのです。
 
 
 
 
自分磨きと言いますが
磨くことって
例えばダイヤモンドを磨くときは
何も加えようとせずに
よけいなものは捨てさり
不要なものを削り取って
本来持っている輝きを
出していくことですよね。 
 
 
 
磨くこととは足すことよりも
引くこと、削ることで
本来の自分の姿や輝きが見えてくるのです。
 
 
 
引いたり、削るというのは
今までやってきたものを一回やめてみる
何かを断ってみる
何かを捨ててみる
ということだと思います。 
 
 
 
よく部屋で例えられますが、
高価な物がたくさんあったとしても
ほとんど使わないもので
ごちゃごちゃな部屋よりも
何もないようなさみしい部屋だけど
本当に使うものしか置いていない部屋
だったとしたらどっちがいいのか?
分かりますよね。
 
 
 
よけいなものを捨てていくことで
本当に必要な物や
大切にしなければいけないものが
見つかっていくことでしょう。
そうやって本来の自分の姿が見えてきて
それが自分を輝かせることに
つながっていくのです。
 
 
 
自分磨きとは何かを足すことではなくて
不必要なものを捨てて
削って、切り取っていくことで
他にはないあなただけの
本来の自分の姿や輝きが
見えてくるのです。
自分磨きと言ってスキルアップや
資格をとるのも少し考えてみると
いいのかなと思いました。
 
 
 
ありがとうございました。






 メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。

こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール


 

2018年07月10日|2018年:7月