家族関係を見つめなおす

悩んでいる人の話を聞いていると
悪い人ってあまりいなくて
いわゆる良い人になってしまって
我慢して何かをしている人が
多いことに気づきます。
 
 
 
迷惑をかけないように
人一倍、周りに気を使って
頑張っていくうちに
だんだんと疲れ果ててしまう。
そんな感じだと思います。
 
 
 
家族の中でも一緒で
親に迷惑をかけたくないと思って
多少は無理して嫌なことを続けてしまう。
そこには、他の家族の誰か(兄弟姉妹)が
迷惑をかけてばかりいるから
あんな悪い子になってはいけないから
自分は良い子にしようと思うことが
多いように思えます。
 
 
 
家族でも役割がきちんとあるのですよね。
兄弟で兄が荒れていると
無意識に弟は親の味方になって良い子でいる。
親の悩みを聞く側になったりして
助けている優しい子の役割に
なってしまうことになることがあるのです。
 
 
 
そうやって家族の中でバランスを
とっていって平和になるように
調整されていくことでしょう。
 
 
 
ただいつまでも良い子の役割ばかり
演じているとつらくなってしまいます。
相手の期待を感じ取って
期待に反しない行動をしていくと
自分が後周りになってしまって
本当にやりたいことが
できなくなってしまいますからね。
 
 
 
人それぞれ家族の中で培われた役割を
どこかで捨てていくことが
必要になってくることでしょう。
家族だけでなくて社会に出ても
その役割から抜け出せない人が
多いですからね。
 
 
 
問題なのは、無意識に役割を
こなしてしまっていることです。
条件反射のようについ
家族の中の役割を社会に出ても
取るようになってしまって
なぜだか苦しい思いをしてしまう
ということがあるのです。
 
 
 
まずは、家族関係を見つめなおして
どんな人たちの中で過ごしてきたのか?
そこで、どんな役割をとってきたのか?
何を感じてきたのか?
どんな思いをしてきたのか?
振り返ってみることって
とっても大切なことだと思います。
 
 
 
苦しみの原因は家族の役割をずっと演じている
ところからきている可能性がありますからね。
家族関係を洗いなおすこと
一度はやってみてみいいのかなと思います。
 
 
 
ありがとうございました。







 メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。

こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール


 

2018年07月30日|2018年:7月