孤独からつながりへ

福井のカウンセリングルーム
こころのそよ風 代表 斉藤恭央です。


現代の人間関係は希薄になってきていると
いろんなところで言われていますよね。 
 
 
 
昔だったら地域のつながりや
会社のつながりが深かったので
孤独になることって少なかったのかも
しれませんね。
家族のつながりも減ってきているように
思えます。
 
 
 
苦しみの中で一番つらいもの
「孤独」だと思います。 
人は孤独の苦しみには
なかなか耐えることができないですよね。
僕も経験がありますが、
誰も話し相手がいなくて
一人で悶々としている時間と言うのは
とっても苦しいものです。
 
 
 
逆にどんなにつらくても
誰かそばにいてくれたら
耐えることができるのかもしれません。
 
 
 
そのつながりが減って
苦しみや痛みがあっても
誰も相談することができずに
一人で耐えることって相当難しいです。
 
 
 
仕事中は嫌なことがあっても口に出せずに
ひたすら耐えて頑張って
ストレスを抱えて仕事が終わっても
誰も話し相手がいない。
そんな状態だと、どこでストレスを
解消して良いのかわかりませんよね。
 
 
 
仲間の存在ってとっても大きいものです。
でも、僕を含めて仲間を作ることが
苦手な人って多いのではないのでしょうか?
 
 
 
仲間がいたとしても
うわべだけでつながっているグループも
あると聞いています。
本音を言わずにその場の空気を読んで
ふさわしい言葉を言わないといけないのです。
これだと仲間の中にいても
疲れてしまうだけですよね。
 
 
 
分かり合える仲間がいるだけで
傷ついたときには癒されることができるし
何か冒険をしたいときは勇気をもらえ
励ましあい、助け合いながら
共に成長し合えるというのは
素晴らしい関係ですよね。
 
 
 
もっと本音をさらけ出して
真剣に人生について考えていける
仲間の存在がほしいと思っていました。
 
 
 
まだ次の企画は計画段階ですけど、
前回同様に仲間つくりのために
いろんな場つくりをしていこうと
思っています。
 
 
 
連休に入りますが、
一人でいなければいけなくて、
孤独を抱えて苦しんでいる人に
来てほしいです。
 
 
 
ありがとうございました。

2017年05月02日|2017年:5月