小さな幸せを見つける 

僕たちが幸せだと感じる時って
どんな時でしょうか?
結構、幸せだと感じるのに
ハードルが高い人がいるように思えます。 
僕もちょっと前までは
幸せハードルが高かったです。
 
 
 
幸せの基準を誰かと比べることで
得ようとしていたからです。
人よりも多くの物を得て
みんなに認められて
頼りにされて、
大きな成果を上げたときに
幸せだと感じるのだと
思っていましたからね。
 
 
 
だから、普段は人と比べることに
神経を使っていて
自分が何を感じているのかすら
分からなかったです。
 
 
 
そして、たいていは比べることで
劣る部分はすぐに見つかるけど
優れている部分を見つけるのは難しくて
常に焦りや劣等感を感じていました。
 
 
 
今のままの自分ではいけない。
もっとすごい人物になって
成果や賞賛を得られるようにならないと
幸せになれないのだと思っていたのです。
 
 
 
人と比べて幸・不幸を決めようとすると
常に競争の世界に身を置くことになり
気が休まらないです。
幸せである時間が少なくて
不幸になってしまうかもと言う
不安な時が多くなってしまいます。
 
 
 
でも、幸せって当たり前ですが、
誰かと比べるものではないですよね。
そして、誰かに決めてもらうものでもなく
自分で決めてもいいのです。
親や周りの人など誰が何を言おうと
自分が幸せだと思えば幸せだし
不幸だと思えば不幸になってしまいます。



でも、人から見て「あの人幸せそう」と
思われることに力を入れて
「あんな不幸そうな生活はしたくない」と
思われるとのは嫌だと思ってしまいますよね。
人からどう思われるのかといのも
自分の幸・不幸を決める基準になってしまうのです。
 
 
 
比べることをやめたときに
周りに幸せの種がたくさんあることに
気づくことでしょう。
僕たちの周りには愛であふれていますからね。
美しく自然豊かな風景でも癒され
毎日の食事でもおいしくいただき、
周りの人たちの優しさを感じて
これほど豊かさにあふれた場所にいることに
気づけることができるのです。
 
 
 
人と比べてばかりいると
どんなに豊かであったとしても
自分以上の豊かさを持っている人を見ると
不幸を感じてしまいますからね。
 
 
 
かといって、すぐに比べることを
やめるのってとっても難しいです。
今まで、ずっと勝つことが良くて
負けることは敗北を意味して
失うことだと思っていましたからね。 
 
 
 
だから、できる時からで良いので、
小さな幸せを感じる瞬間を
たくさん見つける努力をすること
ちょっと周りを見渡して
自分の感じる幸せを見つけては感じてみる。
自分の感覚を取り戻すことは
とっても大切なことだと思います。
 
 
 
そういう時間が増えていくことで
比べることが少なくなり
自分の感覚を研ぎ澄ませることが
できるようになることでしょう。
身近に感じる小さな幸せを
感じて感謝していきましょう。
そうしたら、どんどんと豊かさが
あふれてくることでしょう。
 
 
 
 
ありがとうございました。





 メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。

こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール


 

2018年08月30日|2018年:8月