どんな職業も大切な仕事

やっと暑い日が落ち着いてきましたね。
今年の暑さは異常でしたから、
外仕事をされている人は
大変だったと思います。
 
 
 
僕が見ていてすごいなと思った人の話です。
近くで工事をしていて
交通整理をしている人がいます。
その人の仕事っぷりがすごかったのです。
どんなに暑い時であっても
丁寧に僕たちの車を誘導してくれる。
普通の人だったらだるそうに
棒を適当に振って誘導するのですが、
その人はしゃんと背筋が伸びて
指先にまで心がこもっているような
丁寧な誘導をするのです。
 
 
 
そんな姿を見せられて
いつも感心させられます。
たぶん、僕だったら適当に
やってしまっていると思います。
 
 
 
そういう姿を見ていると
仕事って何をするかじゃなくて
どんな気持ちでするのか?
なのでしょうね。
 
 
 
その交通整理の人はどんな仕事であっても
きちんとした仕事をすると思います。
かたや僕は好きな仕事だったら
きちんすると思いますが、
嫌いな仕事やキツイ仕事だと
手を抜いてしまうことでしょう。
 
 
 
手を抜くことも時には必要だと思いますが、
それだと仕事をしている喜びや
感動は生まれてこないことでしょう。
どんなに立派な仕事であっても
嫌々やっている仕事って
心もつらくなってしまいます。
 
 
 
どんなに大変な仕事でも
心を入れてきちんとやっていると
喜びや感動に変わっていきますからね。
 
 
 
そして、僕は自分に自信がなかった時は
職業でも人に評価を求めてしまっていて
人から評価されるような職業に憧れていました。
 
 
 
土木作業員とか工場勤務とか
人が嫌がるような仕事は価値が低くて
みんなから尊敬されるような
先生と呼ばれる仕事には価値が高い。
だから、カウンセラーになりたいと
思っているところもありました。
 
 
 
今はトラックの運転手がメインで
カウンセリングは副業でやっています。
どちらも大切な仕事だと思えるように
なってきました。
同じくらい仕事の喜びを
感じることができますからね。
 
 
 
 
どんな仕事であっても大切な仕事で
特にキツイ仕事ほどやっている人を
尊敬のまなざしで見ることができます。
どんな職業であっても
人から必要とされてあるわけで
誰かがしないと迷惑がかかりますもんね。
 
 
 
ここで勉強になったのは
どんな仕事であっても価値は一緒で
何をするかはさほど問題ではなくて
どんな心構えでやるのか?
手を抜くこともできると思いますが、
その分だけ仕事の喜びや感動が
薄れてくるように思えます。
 
 
 
心を込めた分だけ
返ってくるということでしょう。
どれくらい今の仕事に
心を込めてやることができるのか?
僕の課題だと思っています。
 
 
 
 
ありがとうございました。





 メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。

こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール


 

2018年09月02日|2018年:9月