カミングアウト

福井のカウンセリングルーム
こころのそよ風 代表 斉藤恭央です。


自分に自信をつけるためには
人よりも何かができるようになったりとか
できなかったことができるようになったとか
そんなことではなくて
弱い部分や情けない部分を
どれくらい受け入れることが
できるのかだと思っています。
 
 
 
それで、自分を受け入れるための
第一歩として
自己開示があると思います。
自分の中で恥ずかしくて隠していることを
思い切ってさらけ出すのです。
 
 
 
僕だったら
アトピーである自分とか
デコが広い部分とか
心が冷たいところとか
エロいところとか
人見知りなところとか
たくさん隠して生きていました。
 
 
 
隠しきれていないものも
もちろんありますが、
自分の中では話題にふれないように
バレないように巧妙に隠して
出せずにいました。
 
 
 
そうやって隠していると
すごく気を使ってしまいます。
いつバレないだろうか?
常に気を張っていないといけないからです。
狭い世界でしか生きていけなくて
とっても不自由な生き方としていました。
 
 
 
でも、少しずつカミングアウトして
実は僕はこういう人間なんだ!
宣言していったら
思っていたような恥かくこととか
嫌われることなど起こらなくて
楽にいられることができました。
 
 
 
そして、自分のダメなところを
否定していたものが
隠さなくてもすむことになって
受け入れられるようになってきたのです。
 
 
 
自分に自信がない人は
自己否定として自分を責めていることが多いです。
こんな自分ではダメだ!
情けない!
もっとしっかりしないと!
など、心の中で叱咤していることでしょう。
 
 
 
そんな自己否定から
自己開示として弱い部分や醜いところなど
巧妙に隠していたことを
思い切ってカミングアウトすることで
自己受容として、少しずつ自分を
受け入れることができ
自分に自信をつけることができるように
なっていくのでしょうね。
 
 
 
自分に自信をつける第一歩として
自己開示としてのカミングアウトを
思い切ってしてみると
大きく人生は変わってくることでしょう。
今まで隠していたことを言うのは
とっても勇気が入ることですけどね。
でも、隠す必要な無くなると
とっても楽に生きられますよ。
 
 
 
誰にでも自己開示はできるものではないので、
最初は信頼できる人に聞いてもらうこと
一番ではないかと思います。
カウンセリングでは、聞く訓練しているので
そういうこともやっています。
良かったらご利用ください。
 
  
 
ありがとうございました。

2017年07月01日|2017年:7月