「幸せになること」と「幸せであり続けること」は違う

僕たちはは幸せを望みますが、
一瞬だけなら幸せになることって
比較的簡単だと思います。
何かおいしいものを食べたり
感動するものを見たり
思っているような成果が上がったりと
喜ばしいことってたくさんありますもんね。
 
 
 
でも、それはほんの一瞬だけの幸せで
1,2日は幸せな気分でいられるかもしれませんが、
永続的に続くものではないですよね。
 
 
 
幸せになることと、幸せであり続けることだと
やり方が違ってくるのです。
一瞬だけの幸せを得るには
ドーパミンという快楽物質が
手っ取り早いです。
しかし、それはちょっと麻薬に似ていて
その時は良いけれど
長い目で見たら良くないようなことも
含まれているのです。
 
 
 
おいしいものを食べると言っても
甘いものばかりをたくさん食べていると
身体にもよくないですよね。
成果を出すと言っても
なかなか出せるものではないです。
アルコールも一瞬は幸せな気持ちになりますが、
飲んでばかりいるとダメになります。
 
 
 
一瞬だけの幸せは、その時は良くても
後々になってみると良くないことが多いのです。
 
 
 
 
それと比べて幸せであり続けることは
セロトニンが関係しています。
「幸福ホルモン」とも呼ばれていますが、
ゆっくりの幸せ感を運んできてくれます。
一瞬で終わるような激しいドーパミンと比べても
じわーとくるような幸せなので
長続きがしやすいのです。 
 
  
 
セロトニンを出すためには
運動や朝日を浴びるなと
健康になるための習慣も
必要になってきます。



矛盾しているかもしれませんが、
ある程度、そこには智恵とか努力とか忍耐とか
苦しいと思えることも含まれているのです。
でも、そこを乗り越えたところに
変わらない幸せがあるように思えます。



長い時間をかけて幸せ体質に変わっていくような感じです。
だからこそ、ちょっとの時間で終わるような
幸せではなくて継続する幸せになるのです。 
まあ、当たり前と言えばそうなのですけどね。
 
 
 
こんな感じで幸せになることと
幸せであり続けることとは
全く別の要素があるのです。
一瞬で終わるような幸せでなくて
ずっと続く幸せを感じていきたいものです。
 
 
 
  
ありがとうございました。









メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。

こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール

2019年02月03日|2019年:2月