子育てしている親はみんな立派 

僕は結婚はしていますが子供はいません。
たぶん、これからも僕たちの間では
子供は生まないと思っています。
だから、子育てを懸命に
頑張って親をしている方を尊敬します。
 
 
 
僕たちは子育ての方法などは
何にも学んでいません。
それが、ある日突然親になって
子育てが始めるのです。
 
 
 
少年から青年となる過程では
自分のことだけに集中していればいいので
さほど問題となることは少ないと思います。
でも、青年から親になるということは
自分のことだけを考えていれば
よかった時代が終わり
子供のことも考えなくてはいけません。
 
 
 
心理的にも肉体的にも負担は大きくなるし
どのように接していけばいいのか
学んでいませんので戸惑うことでしょう。
特に今は核家族が増えて
両親と同居するという家庭が減って
夫婦2人だけで子供を育てないといけないところが
増えているようです。
昔だったら祖父母や地域の人たちが
子供の面倒を見てくれていたので、
今よりも手間は少なくてよかったと思います。
夫婦2人だけで子供の面倒を見ようというのは
そうとうな負担だと思います。
 
 
 
その中で子供の幸せを願って
懸命に子育てをすると思いますが、
なんせ、やり方がわからない。
手探りで試行錯誤を繰り返し
お子さんを育てたという人は多いと思います。
 
 
 
自分のことでいっぱいいっぱいなのに
子供の面倒を見ていて
自分の時間も減り
思い通りに子供が動いてくれるわけでもなく
相当ストレスがあると思います。
そうやって子育てをしている人を
見ると頭が上がりません。
とっても素晴らしい人たちだと思います。
 
 
 
その中でも自分が育ってきた環境をもとに
子育てするしか見本がない状態だと思います。
幸せな家庭に生まれて人にとっては
同じことを子供にやってあげればいいので
比較的、うまくいくことが多いです。
でも、不幸にも自分の両親が好きでなくて
家庭がうまくいっていないところで育って
親になった人は
どうやって子供と接して良いのか
わからなくなってしまうはずです。
 
 
 
だからこそ、ちょっと自分なりの方法を変えて
うまくいっている子育ての方法を学んでみると
とってもうまくいくと思います。
そういう方法を知る機会が少なかっただけで
知ることができたら大きく家庭環境も
変わると思います。
 
 
 
そして、もし今ご自分が親の立場で
幸福を感じられないのであれば
本当に大切なことを見落としてる場合があります。
自分の人生を振り返ることも
必要なのかもしれません。
 
 
 
親って何も心の準備がないまま
子供が生まれるといきなり親になってしまうものです。
事前に、子育てや幸せについて
学ぶべき場所があればいいのですが、
それがないままだと
思いが空回りすることもあるので
注意が必要だと思いました。 
思いはあってもやり方が間違っていると
お互いが不幸になってしまいますからね。
ただ、その中で懸命に
子供の幸せを願って行動することは
すごく尊いことだと思います。
 
 
 
ありがとうございます。











メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。

こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール

2019年02月26日|2019年:2月