勝つことよりも学ぶこと

福井のカウンセリングルーム
こころのそよ風 代表 斉藤恭央です。


自分一人だけで考えていても
良いアイデアは生まれませんよね。
自分の持っていないような考えを
他人はしていることが多いです。
 
 
 
それを共有することができたら
自分一人だけで考えているよりも
良いものが生まれるというのは
当たり前ですもんね。
 
 
 
でも、昔の僕は勝ち負けにこだわっていて
いかに自分の考えが優れているのかに
こだわっていて、
他人の考えを認めるだけの器がなかったです。
これってすごくもったいないですね。
勝ち負け、どっちが優れていて、どっちが劣っている
そんなことばかりやっていたのです。
 
 
 
自分に自信がなくて
ちょっとでも人よりも優れていることを
証明しようとしていたのです。
 
 
 
でも、勝ち負けではなくて
協力することに変換できたら
人の意見も自分にない考えとして
取り入れることができて
自分の考えと混ぜて
さらに良い考えになっていくことができました。
 
 
 
自分に無いものを人は持っていて
人に無いものを自分は持っている。
だから、勝ち負けなんてつけなくてもいいし
どっちが優れているとか劣っているとか
ないのでしょうね。
 
 
 
それに僕一人の考えが1だとしたら
世界には何億、何兆のたくさんの世界があります。
そんな無限に広がっている世界で
自分一人の経験とか知識とかなんて
ちっぽけであり、
そんな狭い世界で優劣を争っていても
仕方ないのでしょうね。
 
 
 
とくにネットが普及してからは
著名な人ともつながりやすくなり
すごい情報なども簡単に入ってくるようになってきました。
素晴らしい世界が広がっているのに
吸収して学ばないなんてもったいないですよね。
 
 
 
それに他人との会話の中でも
自分が10で相手が10だったとして
結果20が手に入るというわけではなくて
相乗効果で30になったり40になったりします。
 
 
 
広い世界から学ぶためにも
僕が気を付けていることは
すべての人は僕の師匠であり
必要なことを教えてくれる先生だと思って
尊敬から始まる接し方をしていこうと思っています。
 
 
 
そして、競争よりも協力
勝つことよりも共に学ぶことに
変換してやっていきます。
一人で何もかもやろうと思わないで
いろんな人の力を借りて
たくさんの可能性を生むこと。
それがこれからの僕のやりたいことです。
 
 
 
ありがとうございました。

2017年08月02日|2017年:8月