自信がなくなる原因 偏差値教育 

自分の自信がないという人は
結構多いように思えます。
僕も昔はすごく自信がなくて
いつも劣等感の中で
どうにかしようともがいていました。
 
 
 
そして、自分に自信がないのは
僕がダメな人間だからだ!
もっと素晴らしい人間になれたら、
もっと魅力的な人間だったら、
人よりもできることが多かったら
自信を持つことができるのに
それができないのは
自分が悪いからだと思っていました。
 
 
 
自信がないのは自分に原因があると
思い込んでいたのです。
でも、勉強していくと
自分に原因があるのではなくて
環境が大きいことに気づきます。
自信は奪われていたのです。
 
 
 
その一つとして偏差値教育が
あげられると思います。
元々偏差値教育を取り入れたのは
上に立てつくことなく
黙って言うことを聞く人を
作りたかったということらしいです。
 
 
 
僕はこれくらいの成績しかとることができない。
だから、将来も高望みしないで
これくらいの仕事をしていないといけない。
と、成績と言う狭い範囲内で順位をつけて
順位が低い子はあきらめて
高望みしないで身の丈にあった
職業で我慢しないといけない。
成績が悪い自分だからしょうがないと
あきらめさせることに目的があったようです。 
 
 
 
よく考えてみると
いくら成績が悪いからと言って
その先の人生をあきらめる必要なんて
どこにもなくて
成績以外のところで活躍を
しようと頑張ればいいだけなのですが、
早くからダメな人間という
レッテルを貼られると
頑張って何かをしようとするのではなくて
自信をなくしながら
やりたくもない仕事に我慢して従事することを
選んでしまうことでしょう。
 
 
 
本来なら、そんなことで自分のことを
ダメな人間だと思わなくても良いのですが、
成績が悪いということが
これだけのことしかできない人間だと
早くから思い込まされて
あきらめる人生にされてきたのです。 
 
 
 
現に起業した人や音楽やスポーツ等で
活躍している人は
偏差値教育の影響を
あまり受けてこなかった人が多いらしいです。
真面目に偏差値順に大学を選ばされて
これくらいの人間なんだと
思い込まされた人から自信をなくし
活躍する人生をあきらめさせられることに
なってしまうのです。 
 
 
 
自分に自信がないという人は
原因が私がダメな人間だからとか
何もできない人間だからと
思ってしまっているとしたら
それは間違いなのです。 
 
 

本当はそう思い込まされただけで
自信は誰かに奪われてきたということです。
決して自分がダメな人間だから
自分に自信がないということではないのです。
 
 
 
どこで自分の自信を奪われたのか
きちんと認識することができたら
そんなに悲観的になる必要な無くなり
少しは自分のことを信じられるかと思います。
自分の無限の可能性を
信じられるようになれると思います。
 
 
 
ありがとうございました。







メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。

こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール

2019年04月15日|2019年:4月