Bクラスの人はAクラスには行けない?!

どんな組織でも2:6:2の法則
適応されるようです。
Aクラスの出来る人  2
Bクラスの凡人    6
Cクラスの出来ない人 2
です。
 
 
 
これはアリの世界でもそうで
一部の働きアリと、
適当に働いていアリ
サボっているアリ
に分かれるようです。
 
 
 
そして、たとえAクラスだけを集めて
グループを組んだとしても
不思議と2:6:2に
別れてしまうようです。
  
 
 
そして、重用なのがグループ内での移動で
Bクラスの人がAクラスに行く
ということはめったにないようです。
不思議なのですが、Cクラスのできない人が
Aクラスに行く割合が多いのです。
 
 
 
Cクラスのできな人が一念発起して努力すると
Aクラスのすごくできる人のグループに行く。
でも、Bクラスの人は
そこまで努力するというのは
なかなかないらしいです。
 
 
 
それは、平均くらいはできるので
何も困ることはなくて
努力しようとは思わずにいる。
でも、何か大きな災難があると
立ち向かうことをせずに
逃げてしまうということも多いと言います。

 
 
 
凡人と言うのは圧倒的に多い
Bクラスの人のことをさします。
少数のAクラスの出来る人や
Cクラスのダメな人とは
やっぱり違うのかなと思います。 
 
 
 
そういう凡人としての気質を受け入れて
凡人らしく生きていくのも
一つの幸せの形でもあるのかなと思います。
高望みしようとすると
辛くなりますからね。
 
 
 
前の記事にも書きましたが
決して夢や努力を否定するのではないですが、
目標に向かって行くことができずに
自分を責めてしまったり
焦って何も手につかずに
不安だけが大きくなるくらいなら
そういう大きな夢とか見るのではなくて
凡人としてささやかな幸せを
追い求めるのも良いのかなと思ったのです。
 
 
 
 
自分は決して特別な人間ではなくて
凡人であることを認めると
楽に生きられるようになる時もあります。
 
 
 
 
ありがとうございました。





メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。

こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール

2019年07月17日|2019年:7月