感情は抑えずに感じきりましょう

人間の自然な感情として
五つの感情があると言われている。
不安怒り羨望悲しみである。
どれも大切な感情なので
無理して抑え込もうとすると
反発してかえって大きくなってしまう。
 
 
 
怒りを抑圧してしまうと
それが爆発してかえって恨みや憎しみとか
そして争いごとにつながってしまう。
怒りということはとても自然な感情である。
無理の抑えないで
適度に解放していくと
スッキリしてそれ以上は発展しない。
 
 
 
羨望を抑圧すると
嫉妬などになってしまう
うらやましいという気持ちも大切な感情なので
きちんと表現することができたら、
腐敗して嫉妬とか強い感情に
発展することはないのです。
 
 
 
悲しみもとても大切な感情である。
大切な人を失ったときや
ひどいことをされたときなど
きちんと悲しむことを表現すると
必要以上に悲しみを抱え込んでしまうことはないのです。
 
 
 
そして、5つの感情は
大きく2つの感情になります。
不安です。
 
 
 
不安も大切な感情です。
適度な不安を抱えることによって
危機に備えて問題解決に向かって
行動を起こす原動力になるのです。
 
 
 
不安が解消されると
そこには愛が残ると言います。
絶対的な安心感、大丈夫という感覚。
それが僕たちを強くするのでしょう。
 
 
 
そして、最後には愛しか残らなくなります。
他の4つの感情は愛の別の形を表わしたものなのです。
いろんな経験をしながら
いろんな感情を感じながら
いろんな愛の形を知って
すべてを許し、
すべてを受け入れていくことが
僕たちの最終目標なのかもしれません。
 
 
 
ただ、5つすべての感情は
大切な感情であって
どれも無理に抑え込んだり
なかったことにしようとしても
後で余計に問題を大きくするだけで
何も解決に向かっていかない。
その場で感じることをしながら
解放していけるといいですね。
 
 
 
怒ったときは、適度に怒りを出しましょう。
羨ましい時は、羨ましさを表現しましょう。
悲しい時は、思い切り悲しみを経験しましょう。
不安な時は、不安さを感じましょう。
そして、すべてを受け入れていく愛を
経験していけたらいいですね。
 
 
 
ありがとうございました。





メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。

こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール

2019年07月24日|2019年:7月