愛=安心感

何か行動をするときには大きく2つの
動機があると言われています。
恐れです。
恐れとは、ほとんどが幻で
そうやって何かに恐れていたり不安がっているときは
愛が隠れてしまっています。
 
 
 
愛とは恐れの反対で
何かに恐れたり不安がる
ということではなくて
いうなれば安心感のことだと言えます。
 
 
 
僕たちはこのままでも大丈夫という感覚
それが愛の本質なのだと思います。
何かを足す必要もないし、
何も失わないし、
奪われることもない。
このように絶対的な安心感がある時に
人は自分の可能性を最大限に
引き出して行動できるのだろうと思います。
 
 
 
恐れていたり、不安でいっぱいの時には
自分を信じて何かをしたり
思い切った行動なんてできずに
どうやったら自分の守れるのか?
失わずに済むのか?
人に認めてもらうのかという
自分の不安を解消するための行動で
防御の姿勢から抜けることが難しいのです。
 
 
 
 
「私はこのままでも大丈夫」
「あなたは何があっても大丈夫」
それだけで癒されることって
たくさんあるのでしょう。
これが愛の本質だと思います。
 
 
 
恐怖や不安が愛の反対だとしたら
人に安心感を与えること
それが愛なのだと思います。
 
 
 
愛を送るようにするには
信頼感をもって
「このままでも大丈夫」と伝えること
愛のない状態、不安や恐れとは
「このままのあなたではダメだ」
「~しないとダメ」
何かを求めてしまうことなのでしょう。
 
 
 
僕は愛のある言葉が少なくて
何かをしていないと大丈夫だと
思えないことが多々あります。
そんな条件を付けなくても
大丈夫だと思えた時に
本当の愛を経験できるのかなと思います。
 
 
  
愛=安心感
それは「大丈夫」という感覚です。
それを自分にも、相手にも
伝えらえられるように
していけたらいいなと思いました。 


 
 
ありがとうございました。




メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。

こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール

2019年07月29日|2019年:7月