感情は感じきると解放される

何かつらいことがあったり
腹が立つことがあったり、
悲しいことがあったり、
そういう時に誰にも話ができず
分かってくれる人もいなかったら
我慢して自分の中だけで
解決しようとします。
 
 
 
でも、そういった負の感情は
抑えることができても
消えることはないのです。
抑えているものは溜まっていき
いつか爆発することでしょう。
  
 
 
悩みを聞いていると
様々な環境の中で自分を我慢させて
懸命に生きている人がたくさんいます。
 
 
 
子供のころから親にひどいことをされて
一人でずっと堪えながらいる、とか
夫の両親と同居していて
良い嫁を演じようとして
いろんなことを我慢しながら
必死に義父母に合わそうとしていた。
 
 
 
そういう溜まっている行き場のない感情は
最初は小さなものであっても
次第に大きくなってしまって
いつか爆発することになるのです。

 
 
それが、恨みつらみとして相手を憎むことになったり
体に不調が出てきたり動けなくなったり
感情が抑えられなくなってしまったり
大変なことになります。
 
 
 
人は感情をおさえ続けることなんて
できませんからね。
我慢し続けることもできないのです。
自分に嘘をつき続けることも
できないのです。 
 
 
そういう溜まってしまった感情は
出すのが一番です。
それは、誰かに聞いてもらうということです。
 
 
 
今までも誰かに聞いてもらったりしたら
そんなに大きくなることもなかったでしょう。
でも、誰にも相談することもできずに
一人で抱え込んでしまうことで
溜まりすぎてしまうのです。
 
 
 
誰かに聞いてもらうというのは
こんなにもひどいことをされた。
すごく大変だった!
悲しかった!
ムカついた!
つらかった!
とかそういう感情を出すということです。

 
 
ひどい環境のことを話しするのは
たぶんつらいことでしょう。
その時の感情を思い出すことですからね。
はじめて話するとしたら
感情が思い切り出てしまって
心が痛くなることもあるでしょう。 
 
 
でも、僕としてはデトックスとして
毒出しをしていることだと思っています。
1回目ではものすごく感情が出てきて
苦しいかもしれませんが、
5回目とか10回目と話をする頃には
つらかった感情が抜けていって
事実だけが残るようになるのです。
 
 
 
10回話をするときも恨みつらみを
最初のころのように感情的に話をすることなんて
できませんからね。
100回話するとしたら
恨みの感情を思い出すこともできないかもしれません。
 
 
 
こうやって感情は誰かに聞いてもらうことで
解放していきます。
でも、最初は苦しいことでしょう。
感情が降りかかってしまいますからね。
ただ何回も繰り返し言うことで
だんだんと溜まっている感情が抜けていき
出来事を客観的に見ることができるようになります。 

  
 
中には「アイツを殺したい!!」という人もいますが、
それを否定しないで聞いていくと
恨みがなくなってくるのです。
僕は負の感情や醜い部分が出てきたら
喜んで迎え入れます。
 
 
 
「あいつを殺したい!!」良いですね。
そういう感情ってとっても良いと思います。
と伝えると
「殺したい」とか「親を憎むこと」など
こんな感情を持ってはいけないと思っているので
普段は誰にも言えずにため込んでいて、
それを言うことができてスッキリするのです。
 
 
 
感情は吐き出せは解放されますからね。
普段ため込んでしまった感情があるとしたら
誰かに聞いてもらって
解放していくことはとっても大切です。
溜め込む前に聞いてもらえれば、
とってもいいですね。
 
 
 
ありがとうございました。










メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。

こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール

2019年09月02日|2019年:9月