自信がないのは能力がないから?

僕たちは自分は自信がないというのは
自分に能力がなかったり
人よりも劣っていたり
何も誇れるものがなかったりと
自分がダメだから
自信がないと思ってる人が
多いのかなと思います。
 
 
 
でも、能力がなくても
自信がある人がいるし
たとえ能力があったとしても
自信がない人もいますよね。
 
 
 
そう考えると自分に能力が
あるとかないとか
人より何か優れてるものが
あるとかないとか
そういうものは自信とは
関係ないのかもしれないです。
 
 
 
もともと生まれた時に
自分には自信がないと思っている
赤ん坊なんていないと思います。
 
 

でも成長するに従って
自分はダメなんじゃないかとか
こんな自分でいいのだろうかと
思い込んでしまうところがあります。
 
 
 
自信は自分というよりも
周りの人の言動が
関係してくるように思えます。
 
 
 
回りの人がすごい認めてくれる人だったら
自分には自信があると思えるし
自分には価値があると思えます。
 
 
 
でも何をしても認めてくれずに
否定ばかりされていると
いくら能力があったとしても
自分のことを認めることは
難しいのかなと思います。
 
 
 
自分に自信があるとかないというのは
自分に原因があるのではなくて
周りの環境に左右される方が
大きいのではないのでしょうか。
 
 
 
そういうことを見ていくと
自分に自信をつけるというので
能力を磨いたり
頑張ったりしても
根本的な解決はしないと思います。
 
 
 
自信をなくすような言動を
受けてこなかったのかを見つめ直し
それが本当に正しい評価だったのか
昔は無条件に受け入れたことであっても
今だったら違う評価を
下すこともできるのではないのか?
振り返ってみることも大切です。
 
 
 
そうやって自分と向き合うことで
自信が回復してくるということは
あるのかなと思います。
 
 
 
このように自分に自信がないのは
能力がなるからではなくて、
周りの人の影響が大きいということです。
 
 
 
ありがとうございました






メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。

こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール
2020年02月19日|2020年:2月