自分に甘く、他人にも甘く

福井のカウンセリングルーム
こころのそよ風 代表 斉藤恭央です。


褒めることの関連で
褒めるところが
見つからないという人がいますよね。
これって、褒められるためには
よほどのことをしないといけないと
思っているということですよね。
人よりもすごいことをしないと
褒めるにあたいしないなど
褒めるハードルがすごく高いのです。
 
基本的に自分に厳しい人というのは
他人にも厳しい面をもっています。
僕はこんなに頑張っているのだから、
あなたはこれくらいやって当たり前、
という感じです。
 
自分に厳しい分、頑張っているので
きっと成果も人よりも多く得ていることでしょう。
だから、安易なところで満足しないで
上を目指そうという考えなのかもしれませんね。
 
とっても素晴らしい考えだと思いますが、
自己評価という意味では
なかなか自分にOKを出せないので、
低くなってしまいがちで、
できないことがあると
自分を責めてしまうこともあるでしょう。
そして、他人にも自分と同じ基準で見てしまうので、
なかなかOKを出すことができずに
人を責めてばかりです。
 
そういう人には、もっと自分に甘くても
良いんじゃないのかなと思う時があります。
一人で懸命に頑張って成果を上げていても
満足する基準が高いと
いつまでたっても幸せを感じることは
できないですよね。
そして、一緒にいる人も息苦しくなって
離れていってしまいますよ。
 
もっと自分にOKを出しても良いんじゃない。
そんなに自分に厳しくしないでね。
もっと自分に甘くても誰も責めたりしないし、
甘くても幸せになれますよ。
自分に甘い方が幸せになれたりするのかもしれませんね。
 
だから、力を抜いて、手を抜いて
気楽に人生を生きてみませんか?
自分にも甘く
他人にも甘く
簡単にOKを出していきましょう。
ということを伝えたいと思いました。
 
ありがとうございました。

2015年11月26日|2015年:11月