あなたの性質は一点集中型か多点分離型か

今日は一点集中型か多点分離型か
ということについて
お話ししようと思います。



僕達ってのは
いろんなタイプに分かれると思います。
そして自分がどのタイプなのか
どういう性質を持ってるのか
ということを知っていくってことは
とっても大事なことなのかなと思います。



仕事を選ぶにしても
自分の得意な分野で
得意な人に合ったものを
選ぶことが大事で
そういうことができるなると
抵抗も少なくて
自分の能力を発揮しやすい
っていうことがあると思います。



だから自分のタイプがどんなものなのか
というのを知っておくってことは
とっても大事なことなのかなと思います。



それで今日は一点集中型か多点分離型か
ということで
お話しさせていただこうと思います。



一点集中型というのは
博士タイプのような感じで
せまく深くということが
特徴つけてあるのでしょう。



一つのことをやると
周りのことが見えなくなって
没頭してしまうっていうタイプです
だからあれもこれもってするってことは
とっても苦手な人なのでしょう。



同時並行となできなくて
ちょっと不器用なところがある
という風に言えるかもしません。



でも一つのことを突き詰めていくことが
できたとしたら
ものすごい才能を発揮していくことでしょう。



スポーツタイプとか
芸術家タイプとか
博士タイプみたいな
専門分野において
その一つのことを突き詰めていく
ということができたとしたら
それはものすごく能力を発揮して
どこまでその分野について
深めることができることでしょう。



ただ他の周りのものというのは
全然、注意が行かなくなって
おろそかになってしまう
ていうことがあります。



博士でも自分の研究分野以外の
私生活とかそういうものでおいては
もう全然だらしないってことがあると思います。



食事もろくにとらずに
お風呂も入らずに
部屋もむちゃくちゃだ



でもその自分の研究分野においては
もう集中しまくっても
その分野のことしか
頭が回ってないっていう感じなのでしょう。



だからこそ一つの分野において
大きな成果があげられると
いうこともあります。



だからあれもこれもっていうことではなくて
この分野においてはその第一任者であって
その他の事においては
全然できないないっていうことが
あるのかもしれません。



そういう一点集中型っていうのは
何もかもっということよりは
一つのことを突き詰めていくっていうことが
得意な人が多いです。



それと比べて反対なのが
多点分離型マルチタスク型と
言われる人がいます。



こういう人は器用に何でもこなして
あれもこれもっていうふうに
同時で作業することができるって
言うことがあります。



だから器用で何でもこなしていくって
ことがあるかもしれませんけど
でも深めていくってことは苦手なのでしょう。



器用貧乏というような形で
あれもこれもってある程度は
こなせるかもしれませんけど
そっから深く入っていけるか
その専門分野を突き詰めて行けるかと言うと
すぐに飽きてしまうことが
あるのかもしれません。



集中力がもたずに注意散漫になってしまう
てことがあるでしょう
だからこそいろんなものを
同時に平行にできて
ある程度成果もこなせるって事があります。



集中力が一点集中型に比べては
全然少なくても
バラバラに別れてしまうってことがあります。



だからそういう人は
何か突き詰めてやるって言うよりは
広くあれもこれもやって
成果を上げていくっていうことが
得意なのかもしれません。



また同時に多くのものを見るって事も
出来るので視野を広げる
って言うこともできるかもしれません。



周りを見渡して
この人とこの人とこの人が
何か困ってるとか
この人は大丈夫だろっていう
そういう上からの目線で
物事を見れるって事もあるかもしれません。



それは頭が同時に並行で考えられるから
自分の事をしながらでも
相手のことを気を揉むことができることが
得意ってことがあるかもしれません。



そんな感じで
一点集中型と多点分離型ということでは
全然能力が違ってくるってことがあります。



だから自分の性質に合った職業を選ぶことは
とっても大事ですし
自分のタイプを知っていくことで
人と比べることなく



自分はこういう性質を持っているから
ちょっと周りはだらしなくても
一つのことを突き詰めていくことが
得意なんだって思って
できないことがあってもしょうがないかって
思えるようになるかもしれませんし



多点分離型の人は
ちょっと注意散漫になってしまって
一つの事が集中できなかったとしても
多くのことをこなすこと
同時にいろんなことをこなす事が
出来るって事が得意なのだから
それはしょうがないっていうふうに



自分のその欠点と長所を
同時にわかるってことが
できるのかなと思います。



そしてそれは何か割合があって
どっちかに傾いてるって人は少なくて
1から10段階であって
一点集中型が1
多点分離型が10だとしたら



大体は3から7,8ぐらいの間の
人が多いとことがあって
1,2の一点集中型っていう人は
少ないと思いますし
多点分離型の9とか10ていう人は
少ないって事があるでしょう。



そういう人はもう本当に稀で
そういう人がその大きな成果を
あげられるってことはあって
大体は二つのものを持っている
で、どっちの割合が多いのかによって
またちょっと違ってくるってことが
あるのかなと思います。



そういう自分の性質をきちんと
ふまえておくってことは
とっても大事なことなのかなと思います。



どれが良くてどれが悪いって
いうわけではなくて
どっちも長所と短所があります。



長所だけっていうこともないですし
短所だけっていうこともありません
何かが出来ると
何かが劣ってるって事がありますので
そういうのきちんと自分の中で
落とし込んでいく
知っておくってことは
大事なのかなと思いました。



今日は一点集中型か
多点分離型かということについて
お話させていただきました。



ありがとうございました。







メルマガ登録することで過去の記事を3日に1回のペースで、順番に登録していただいたメールにお送りいたします。もし不要だと思われたらいつでも解約することができます。イベント情報などもお送りしていますので、メルマガ登録お願いします。

こころのそよ風メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール
2020年11月08日|2020年:11月