与えたものが返ってくる

福井のカウンセリングルーム
こころのそよ風 代表 斉藤恭央です。


人っていろんな習性をもっています。
その一つとして
人は他人から何らかの施しを受けた場合に、
お返しをしなければならないという
感情を抱いてしまうのです。



これを「返報性の原理」と言います。



分かりやすいのが試食です。
サービスとしてタダで試食しているところって
結構ありますよね。
試食の目的は商品の良さをわかってもらうため
と言うのもありますが
人間は何かしてもらったら
それを返したくなる習性があるのです。



試食としてタダで食べさせてもらったのだから
いらないものであっても買ってみようかなと
なってしまうのです。



お中元などで贈り物をもらったら
返さなければいけないと思ったり、
誰かから親切にされたら
お返ししたくなったりします。



これは人間の根本的な習性なので
ほとんどの人があてはまります。
この習性に抗うことって
とても難しいのです。



これが嬉しいものだけに効くのなら
良いのでしょうけど
逆のことも言えて
相手から嫌なことをされたら
自分も仕返ししたくなるというのもあります。



人から嫌がらせをされて
怒らない人って少ないでしょう。
何かしら文句を言うなり
同じことをするなり
受け取った負の感情を
返したくなってしまうものです。



僕の体験談である人との事ですが、
その人が機嫌が良い時は僕も何かその人に
してあげらることはないかなと考えて
与えるモードになれますが、
その人が機嫌が悪くなって
嫌なことを言ってきたりすると
僕も相手を困らせるようなことを
しようとしてしまいます。



機嫌が良い時は何が喜ぶだろうと思えるけど、
機嫌が悪い時は僕も相手を困らせようと思ってしまう。
そんな感じで同じものを返したくなってしまうのです。



そして、自分も何か嫌なことを
相手にしてしまったとしたら
それが返ってくるということです。



だから、良い時は良い循環ができて
さらに自分も相手も良いことを考えていますが、
悪い時は自分も相手も仕返ししようとして
悪い循環になって、どんどんと関係が悪くなる。
ほんの些細なことが大きなところまで
発展して取り返しのつかないことになる
ということもあるのです。



良いことであれ
悪いことであれ
人は何かをされたら
同じものを返したくなる生き物なのです。



今、受け取っているものは
嬉しいものですか?
嫌なものですか?
もし、嫌な物を受け取っているとしたら
何を人に与えているのかを
見直すことは大切だと思います。



与えたものが
返ってきているだけですからね。
僕も嫌なことを受け取っている場合は
何を相手に与えてしまっているのか考えて
へんな循環を断ち切らないといけないなと気を付けています。
まあ、気づいても人間の習性なので
なかなか悪い循環から抜けるのは難しいですけどね。




ありがとうございました。

2017年09月04日|2017年:9月