善悪の判断をしない

福井のカウンセリングルーム
こころのそよ風 代表 斉藤恭央です。


僕たちは自分を責めてしまったり、
相手を責めている時というのは、
これは良いことだ
これは悪いことだ
と自分の価値観で物事を見ていて、
勝手に判断している時です。
 
遅刻することが悪いことだ!!
と判断しているのなら、
遅刻してしまった自分を責めるし
遅刻している相手を責める。
 
そうやって自分の価値観を元にして
自分や相手を判断しているのです。
 
さらに、こんなことをすると
人から嫌われるだろう!
恥かくだろう!
バカにされるだろう!
という基準で
善悪を決めている人も多いと思います。
 
この善悪の判断が
苦しみのもとになっていると思います。
すべてを善悪の判断だけで
見ようとすると
これは正しいからやらないといけない、
これは間違っているからやってはいけない。
となってしまうのです。
 
でも正しいと思っていることでも、
できない時もある。
間違っていることでも、
やってしまうこともある。
そこに苦しみって付きまといますよね。
 
これは正しいことだからやらなければいけない
これは間違っているからやってはいけない
そんなガチガチに縛られた生き方から
楽しいからやる。
楽しくないからやらない。
 
正しさよりも
楽しさを優先させると
善悪の判断がなくなり
自由に楽しく生きていくことが
できるのでしょうね。
 
何かをしても良いし、しなくても良い、
どちらでも良い
そんな中立的な考え、
楽な考えができたら
自分も相手も責めることがないですよね。
  
自分も他人も
ガチガチの縛られた世界から
自由になって
羽ばたけるようになるのでしょうね。
 
善悪の判断を手放すだけで、
自分の勝手な価値観を押し付けないだけで、
どれくらい苦しみは減ることでしょうね。
 
ありがとうございました。

2015年11月15日|2015年:11月