人は長所で尊敬され、短所で愛される

福井のカウンセリングルーム
こころのそよ風 代表 斉藤恭央です。


僕もそうですけど、みんなから尊敬のまなざしで
見られたいという欲求が強いです。
だから、自分の醜い部分や弱い部分、
失敗談などの恥ずかしい部分などを出すと
尊敬されないと思って隠してしまっています。
 
でも、僕たちが本当に求めているもの
その隠してしまっている
弱い部分や恥ずかしい部分の
中にあるのでしょうね。
 
何もかもすべてがうまくいっている
美談を聞かされても、
どうせ自分には関係がない、
その人だからできたことだろうと思って
すごいとは思うけど、
他人事のように聞いていて
退屈するだけですよね。
 
でも、自分の失敗談や恥をかいた話や
弱い部分を聞くと、
すごく安心するのではないでしょうか。
面白おかしく話されると
笑える話として楽しくておかしくて、
そして親近感を持ってもらえるでしょうね。
 
自分の失敗談や恥ずかしいところというのは
相手の心を開いてもらえる
とっても大切な体験でもあります。
相手も弱い部分が出せないでいるところを、
自分が先に出すことができたら
きっと相手も安心して弱さを出すことが
できますからね。
 
そして、弱さを隠して強がって
人の援助を拒否して生きている人よりも
弱さをさらけ出して、
みんなに助けを求めて
みんなから助けてもらう人生の方が
豊かに生きられるのかもしれませんね。
 
とくにフェイスブックなどやっていると
弱さを出して助けを求める内容を
書いていた時のコメントがすごいですね。 
みんな誰かの力になりたいと思っている
ということでしょうね。
 
昨日の記事と似ていますが、
弱さを出して、助けてもらうことができたら
誰かの活躍の場が増えて
それが一人一人の力を活かした
世界になっていくのだと思います。
 
最近は、どうやったら他の人の輝きを
出すことができるのかということに
関心があるので、いろいろと考えてみました。
 
ありがとうございます。。

2015年12月09日|2015年:12月